エンジニアとエージェントの握手

フリーランスのエンジニアが良い案件を効率良く探す為にはどうしたら良いのでしょうか?

知り合いのエンジニアを仲介して仕事を探す。
クラウドソーシングで良い案件を探す。
自ら売り込みにいく。

人によって方法は様々あります。

人脈があり定期的に案件を紹介してくれるツテがある場合や、すでに決まったクライアントがいる場合は別ですが、新しい案件を個人で探し出すのは非常に難しい事です。
さらに、自分の得意とするスキルを評価してくれるかどうかは案件・企業によって違うため、契約内容や報酬なども考慮すると、条件面・環境面で総合的にマッチする仕事を見つけるのはなかなか難しいでしょう。
一般の求人サイトで検索してもエンジニアに求めるスキルは具体的に書かれていないことも多く、仮に書かれていたとしても、”どのスキルを最も重視するか”までこだわって書いていることはほぼありません。
また、クラウドソーシングを利用しても高単価の案件は多くないでしょう。
常に不安を抱えながら働くのは嫌だけど、せっかく正社員ではなくフリーランスのエンジニアとして働く以上、自由な時間もほしい……。

そんな中、「自分の希望する条件」と「企業側が要求する知識やスキル」を結び付け、マッチングさせてくれるのがSESや派遣のエージェントです。
ただ、エージェントに依頼する場合は手数料や仲介料という形でなんらかのマージンを毎月取られる事がほとんどです。
それではフリーのエンジニアとして成功する為には、エージェントは必ず必要になってくるものなのでしょうか?

今回は、エージェント頼む際の特徴や手数料・マージンなどの相場、収入を上げる為に気を付けたい事について解説していきたいと思います。

続きを読む