副業でよく使われるプログラミング言語について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プログラミングを習得すればスキルアップにつながるのか?」「副業として稼ぎたい。」と思われているエンジニアの方は多くいるのではないではないでしょうか。

しかし、副業として仕事をする場合、どのようなプログラミング言語で案件を獲得すればいいのか? プログラミング言語ごとにどのような仕事があるのか? などわからないということもあるでしょう。

そこで、今回は副業に役立つ言語について紹介していきます。

プログラミング副業に使われる言語について

プログラミングを行うにはさまざまな言語があります。言語それぞれに用途や難易度の違いがあるので、最初はどれを選ぶべきかわからないということも多くあります。

現在プログラミング言語として人気があるのは、

  • Java
  • C言語
  • C#
  • C++
  • JavaScript
  • PHP
  • Python

などが挙げられます。

副業としてどのような業務を請け負うかによって、必要となってくる言語も違ってきます。

 

Web構築の副業で使われる言語

Webサイトの構築を始めとするWebサービスを請け負う場合には、「HTML」や「CSS」、「JavaScript」といったプログラミング言語が必要となってきます。

中でも「HTML」と「CSS」はWebサービスには欠かせないものなので、ぜひ習得しておきたい言語です。

これらの言語を使いこなせるようになれば、企業のサイトやECサイトの制作を請け負うことができるようになります。

 

データ解析を目的とした業務用ツールの制作で使われる言語

エクセルで使用される「VBA」やGoogleで使用されている「Google Apps Script」などのプログラミング言語が使われてる場合があります。

主な開発案件は、業務データの解析ツールの制作として募集が行われています。

これらのプログラミング言語は、習得しやすいことが特徴としてあるので、ぜひ使えるようになると良いでしょう。

 

アプリ制作で使われる言語

アプリ制作を請け負う場合には、Androidアプリであれば「Java」、iPhoneアプリであれば「Objective-C」や「Swift」といったプログラミング言語を使うことになります。特にJavaは他の業務でも幅広く利用されている言語なので、習得することができればさまざまな案件を請け負うことができるようになるメリットがあります。

 

Wenサイトのバックエンドやカスタマイズで使われる言語

サーバーエンジニアやCMSのカスタマイズを請け負う場合には、「PHP」や「Python」といったプログラミング言語が必要になってきます。

この2言語は覚えやすいものなので、習得にあまり時間をかける必要がなく副業の初心者にもおすすめできます。PHPを用いた案件は幅広く見つかるので、習得することで数多くの案件を請け負うことに役立つでしょう。

 

プログラミング副業の初心者におすすめの言語について

プログラミングの副業を実際に始めるにあたって、どの言語を使った案件を請け負ったら良いか悩むことがあります。

プログラミング副業の初心者におすすめしたいのが、まずはWebサービス系の案件をやってみることです。なぜなら、Webサービス系のプログラミングで必要となる言語である「HTML」、「CSS」、「JavaScript」や「PHP」は比較的難易度が低くなっているので、習得しやすい言語であるということが言えます。

また、JavaScriptやPHPも一度習得することができれば、幅広い案件をこなすことができるようになるので、副業で収入を得るのに役立つ言語であると言えるでしょう。

これらの言語は、Webサービスの制作には必須となる言語です。プログラミング副業を始める場合には、まずはWebサービス系の案件で報酬を得られるようになってみてください。難易度が低めの基本的なプログラミング言語を身につけることで、より高度で報酬の高い案件に挑戦することもできるようになっていきます。

 

プログラミング副業に必要な言語を身につける方法について

プログラミングを副業として収入を得ていくためには、請け負った仕事をこなすためのプログラミング言語を身につける必要があります。まずは言語について理解できていなければ、案件に参画することはできません。どのようにして言語を学んでいったら良いかについて紹介していきます。

方法の一例としては、独学でプログラミング言語を学ぶという方法があります。

しかし、この方法はあまりおすすめできません。独学の場合は、お金はあまりかかりませんが、実際に言語を理解できるまでに非常に長い時間がかかってしまいます。また、理解できない部分がどうしても出てきてしまうので、自分一人でプログラミング言語を習得するのは困難と言えます。言語をきちんと理解できていないと、請け負った仕事をこなすのに支障をきたしてしまいます。

そこでおすすめしたい方法が、プログラミング言語のセミナーやスクールを利用することです。セミナーやスクールには当然費用がかかりますが、理解できない部分を残してしまうよりは良い選択です。

まずは難易度の低い「HTML」と「CSS」から、完全に理解して使いこなせるようになるまで学ぶようにしてください。プログラミング言語は一度身につけておけば別の案件でも応用が利くものなので、基礎から正しく理解しておくと後々役立つことも多くあります。

さまざまな案件をこなせるようになれば十分な収入が得られるようになり、言語を学ぶためにかかった費用もすぐに取り戻せるようになるので、まずはプログラミング言語についてきちんと学ぶようにしてください。

まとめ

プログラミングの副業には、業務の内容によってさまざまな言語が使われています。そのため、これから副業として活動したいと思われている方は、自分に合ったプログラミング言語を駆使して、案件を獲得していきましょう。

案件の獲得方法はさまざまなありますが、SEROKUでは「自分で仕事をとりたい」「自分のスキルを活かしたい」というエンジニアの多くが活躍しています。

これから副業で案件を獲得したいと思われている方は、ぜひSEROKUを活用してみてはいかがでしょうか。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。