フリーランスエンジニア登録(無料)

SEROKUを利用するには、無料のフリーランス登録をする必要があります。フリーランス登録には、「名前」「フリガナ」「ユーザ名」「メールアドレス」「パスワード」を入力するだけで簡単に登録を完了することができます。
なお、「ユーザ名」は全体に公開される名前となります。自身のブランディングを高めるために本名で記入しても構いません。

create_step1_01.png

「新規登録」ボタンをクリックすると、ご入力いただいたメールアドレスに本登録をするためのURLが届きます。URLをクリックするとSEROKUへのフリーランス登録は完了します。
※本登録のURLを記載したメールは、すぐに配信されるので、届かない場合は迷惑メールをご確認ください。

フリーランス登録はこちら

フリーランスプロフィール作成

ワークチケットを作成するためには、マイページから「プロフィール情報」を入力する必要があります。プロフィール情報は、すべてのオークションに共通するフリーランスエンジニアの基本情報となります。

企業は、「プロフィール情報」とワークチケットの2つの情報から、フリーランスエンジニアにお仕事の相談をするか決めるので、プロフィール情報を詳細に記入することで、より良い条件での入札が実現します。また、業務を開始した後にスムーズに仕事ができるようにするためにも詳細な情報を記入するようにしましょう。

create_step1_02.png

ステップ2に進む

※利用料金について

SEROKUでは、フリーランスは完全無料となります。会員登録やスキル落札、就業開始等を含むすべてにおいて一切費用はかかりません。詳しくはご利用料金ページをご確認ください。

ご利用料金について

ワークチケットの作成

自分のスキルを商品にして「ワークチケット」として販売することができます。
ワークチケットを作成するためには、フリーランス登録後に利用できる「マイページ」を開いてください。「マイページ」の「案件募集・オークション」ページに「案件募集を作成」というボタンがあるので、選択するとワークチケットを作成することができます。なお、オークションは、ワークチケットのオプションとして利用することができます。ワークチケットの募集を期間限定で行いたい場合、ご利用ください。

create_step2_01.png

案件募集を作成する

ワークチケットを作成しよう

ワークチケットを作成するためにはスキル等の情報を入力する必要があります。ワークチケットに発行上限はありませんが、「オークション」は一度に3つまでしか作成することができません。
また、金額の設定は自分で自由に行うことが可能です。たとえば、経験豊富で自信があるスキルを中心に作成するワークチケットは高単価に設定、現在勉強中でこれから技術力を高めていきたいスキルを中心に作成するワークチケットは低単価にするなどが可能となります。

create_step2_02.png

オークションへの変更方法

create_step2_03.png

ステップ3に進む

ワークチケットを発行する

ワークチケットを発行すると専用のページが公開されます。
create_step3_01.png

通知で情報を確認する

企業とのやりとりや入札など、情報が更新されるとヘッダーにあるベルマークに通知されます。
create_step3_02.png

Q&Aでコミュニケーション

オークション中のコミュニケーションはオークション内のQ&Aから行うことができます。
案件募集やオークション中のコミュニケーションはQ&Aでオープンに行うことができます。
create_step3_03.png

ワークチケットへのお仕事相談

ワークチケットへのお仕事の依頼は、企業がフリーランスに「相談する」ボタンをクリックすることからはじまります。
「相談する」がクリックされるとマイページから企業とコミュニケーションを行うことができるようになるので、詳細な条件の提示や面談を設定しましょう。
お仕事の相談の段階では、企業が案件を添付せずに相談する場合があります。案件がない場合はどのような仕事内容なのか概要をSEROKU内に入力してもらうか仕事内容が分かるファイルを送ってもらいましょう。

興味度の入力(オークション限定)

企業から新規の入札があった場合、案件の興味度を入力しよう。興味度を入力することによって、入札している企業はフリーランスエンジニアがどのような仕事に興味が高いのかを知ることができます。

create_step3_04.png

オークションの落札とプラスワンについて

オークションでの落札企業数は入札企業数によって、1社か2社になります。落札した企業がフリーランスエンジニアとの交渉権を獲得することができます。

フリーランスエンジニアは、落札企業以外に「プラスワン」企業を選択することができます。フリーランスエンジニアは「プラスワン」に選択した企業とも交渉をすることができます。