エンジニアのプログラミングの本業と副業での違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニア副業プログラミング①

エンジニアのプログラミング作業を副業ですることを考えている人にとっての悩みは、本業で行う場合とどう違ってくるかということです。

本業とどう変わってくるのかを理解していないと、安心して副業を始められないですよね。

そこで今回は、エンジニアのプログラミング作業が本業と副業でどう異なるかを紹介します。

本業で行われるエンジニアのプログラミング作業

エンジニア副業プログラミング②

ここで言う本業とは、一般的な会社に勤めているエンジニアが行う作業のことを指します。

ではまず、エンジニアが本業で行うことの多いプログラミング作業の例を挙げていきます。

 

Webアプリケーションのプログラミング

 

まず挙げられるのが、Web上で動作するアプリケーションの開発作業です。

特に多くなってきているのは、インターネットを介して、さまざまな人が利用できるプログラムを制作する仕事です。現在のネット社会が続くのであれば、今後も需要が高まっていく仕事であると言えます。

 

ソフトウェア開発(文書作成ソフトや表計算ソフト)

 

一般的な会社では、企業のオフィスで利用されているようなソフトだけでなく、メールのやり取りをするためのソフトや、メモ帳ソフトなど幅広い種類の開発が行われています。主に、PHPやJavaといった言語を使って作業を進めます。

 

家電類を制御するためのプログラミング

 

冷蔵庫やエアコン、オーディオ機器などの開発を行うプロジェクトで行われる作業です。

家電もコンピューターによって複雑な制御がされており、消費者が便利に扱えるようなプログラムを考えて制作していく必要があります。

最近では、外出先から家電をコントロールできるよう、インターネットと連携するためのプログラムの需要が高まってきています。

 

セキュリティ対策を施すためのプログラミング

 

現在、セキュリティ対策をしていなければ、貴重な情報や制作物のデータが盗まれてしまう危険性がある時代です。コンピューターの安全を守るために、セキュリティに関するプログラムにも需要があります。

最近では、スマートフォンにもコンピューターウイルスが感染する事例が存在します。そのため、今後スマートフォンのセキュリティ対策ができるソフトウェアなどの需要が高まるでしょう。

 

副業で行われるエンジニアのプログラミング作業

 

ここで言う副業とは、本業をやっている人が、別で行う仕事のことを指します。

エンジニアが副業で行うことが多いプログラミング作業には以下のようなものが挙げられます。

 

ホームページの制作

 

HTMLやCSSの知識を生かしてホームページを制作し、クライアントの要望を取り入れながら完成させていきます。スキル次第では、より高度なホームページの制作をすることで大きな報酬を得ることもできます。

ただ、一から制作をお願いされ、ホームページ内に掲載する記事やキャッチコピーなどの企画も頼まれると、本業に支障が出るほどの時間を要する場合があります。

 

ツールの制作

 

ツール制作は、短期間で大きな報酬を得られる可能性がありますが、専門的な言語やスキルを要求されることが多く、やや難易度が高いものになっています。主に、簡単なバナー制作を短時間で行えるツール、テキストエディタといったものがツールに当てはまります。

受注するためには、言語の知識などを積極的に取り入れておく必要があります。

 

ソースコードのチェック・修正(バグの解消)

 

一人で短期間に請け負うものから、大人数を募集しているものまで、さまざまな規模の仕事が存在しています。当然のことですが、コードを読み取って、問題点がないかを見極める力が必要な仕事です。そのため、最低限のプログラミング能力が必要な仕事です。

 

プログラミングスクール講師

 

近年では、プログラミングを身につけたいと考える人が多く、講師の需要が高まっています。通話をしながら、プログラミングの解説をして、スクールで受講する人の教材となる動画の撮影を行います。

知識に自信がある人であれば、プログラミング初心者向けにわかりやすく解説した記事の制作を請け負うこともできます。

 

プログラミングを行うエンジニアが本業で1ヶ月に稼げる金額

 

本当に副業を行う必要があるのか確認するために、他のエンジニアが本業でもらっている給料を知りたい人は多いでしょう。

エンジニアが本業で稼げる金額が、1ヵ月でいくらになるか各職種に分けて解説します。

 

システムエンジニア

 

システムエンジニアがもらっている給料は、およそ21万円となっています。

エンジニアには、専門的な知識が必要なので、高い収入が得られると思われることが多い傾向があります。システムエンジニアの場合、それほど大きな収入が得られる仕事ではないことがわかります。

 

ネットワークエンジニア

 

ネットワークエンジニアがもらっている給料は、およそ30万円となっています。

ネットワークのシステムを構築して、運用したり、保守したりするための仕事で、システムエンジニアよりは収入に恵まれています。

それでも30万円は、少し安い傾向があります。

 

サーバーエンジニア

 

サーバーエンジニアがもらっている給料は、およそ35万円程度となっています。

サーバーというインフラを管理・保守している重要な役割なので、他のエンジニアの仕事に比べるとやや大きな収入を得られる仕事になっています。サーバーの保守には、とても重要な役割があり、需要の高い仕事となっているためでしょう。

スキルや努力次第では、さらに収入を高くしていくことも可能です。

 

Webエンジニア

 

Webエンジニアがもらっている給料は、およそ35万円程度になっています。

近年、需要が高まり続けているWebアプリケーションの開発に携わる仕事であり、人材が多く求められている仕事なので、収入も大きくなる傾向にあります。今後も、Webエンジニアのニーズが減ることはないと考えられるので、安定した収入を得ることができる仕事だと考えられます。

 

プログラミングを行うエンジニアが副業で1ヶ月に稼げる金額

エンジニア副業プログラミング③

では実際に、エンジニアが副業で稼ぐことのできる金額はいくらなのか気になりますよね。

さっそく、どれだけの収入増加が見込めるか、前述した職種に当てはめて見ていきましょう。

 

システムエンジニア

 

システムエンジニアが行える副業では、およそ10万円前後を稼ぐことができます。本業でやる仕事より、収入は控えめになってしまいます。

それでも、ある程度の収入増加になっているのはメリットと言えます。

 

ネットワークエンジニア

 

ネットワークエンジニアが行える副業では、およそ10万円程度を稼ぐことができます。本業より報酬が低めになっていることと、本業での時間を副業に費やすことができないために、どうしても収入は控えめになってしまいます。

 

サーバーエンジニア

 

サーバーエンジニアが行える副業では、月に10万円~20万円程度まで稼ぐことができます。サーバーエンジニアは、各種サーバーを保守するための重要な仕事で、非常に需要の高まっている仕事になっています。

そのため、報酬も高い傾向にあり、副業に打ち込める時間が多ければ、他よりも大きな収入を得られるチャンスがあると言えます。

 

Webエンジニア

 

Webエンジニアは、上手く案件を獲得して働くことができれば、20万円前後の収入を得ることができます。現在、Webアプリケーションが至る所で利用されており、欠かすことのできない存在になっているため、非常にニーズがある仕事になっているのです。そのため、副業であったとしても大きい報酬を得ることができるケースが多くなっています。

 

副業エンジニアがプログラミングで稼ぐならSEROKU

 

SEROKUは、企業と案件を探しているエンジニアをマッチングさせるサービスです。

 

SEROKUでは、一般的な案件紹介サイトで起こることがある問題を解消しています。

主に以下のような特徴を取り入れています。

  • エンジニアに企業が入札するオークション形式
  • 仲介手数料や登録料が一切無料
  • 出品する時に、言語・フレームワーク・ツールなどのスキルを5個まで選択できる

 

一般的な案件紹介サイトでは、単価が安い傾向がある上に、仲介手数料を取られてしまいます。SEROKUでは、エンジニア自身が値段を設定できるので、単価が安くなってしまう現象を防ぎます。仲介手数料や登録料もかからないので、稼いだ報酬が減ることもありません。

また、エージェントなどのマッチングサービスでは、企業とエンジニアのマッチングミスが起きる場合があります。

SEROKUの場合、エンジニアが出品を行う時に言語・フレームワーク・ツールなどのスキルを5個まで選択できるので、本当に必要なスキルを求める企業とのマッチングができます。

 

副業で稼ぎたいと考えているエンジニアは、ぜひSEROKUに登録してください。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。