副業未経験のエンジニアでも副業で収入は上げられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニア副業未経験①

多くのエンジニアは本業のほかに副業で収入を上げています。

自分も副業を始めようと思っていても本業以外経験がないという方は、どう始めればいいか分からず、うまくできるか気になる方も多いかと思います。

副業は簡単に始めることができますが、初めから自分に合った副業を見つたいかと思います。

今回は副業未経験のエンジニアが副業をどういったことから始めればいいのか、副業を見つける際の注意点など、ご説明していきます。

未経験でもエンジニアの副業はできるのか

エンジニア副業未経験②

本業以外未経験のエンジニアでも副業は簡単に始めることができます。

なぜ簡単と言い切れるかというエンジニアという職業が専門的な技能をもつという理由に加え圧倒的な人手不足に陥っているためです。

 

エンジニアは人手不足?

エンジニアが現在人手不足というのは耳にしたこともあるかと思います。

具体的な数字を出すと現在約20万人足りないといわれています。

またこのまま人手不足が進んだ場合、2030年にはエンジニアの人手不足が約59万人まで増えるとされています。

新たなIT事業が増え続けている昨今、人の手を借りたい企業や個人も増え続けており、エンジニア副業の需要は常に高まっています。

(参照:経済産業省|IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

未経験エンジニアの副業の始め方

副業未経験のエンジニアの方は、まずどのように副業案件を獲得するのかわからないかと思います。

ここでは副業の始め方をいくつか紹介していきましょう。

 

クラウドソーシングサービスを利用する

副業エンジニアの多くはクラウドソーシングサービスを利用しています。

クラウドソーシングサービスは業者を仲介としてさまざまな企業や個人と契約して案件を請け負うことができるサービスです。

多種多様な仕事を取り扱っているのが魅力で、未経験の人に向けた簡単で始めやすいような案件も多数見られます。まずはクラウドソーシングサイトに登録して、自分でもできる仕事を探してみましょう。

 

エージェントを利用する

こちらもさまざまな企業からエンジニアへ向けた案件を紹介していますが、クラウドソーシングサービスと違い、エージェントからの紹介を受け企業と直接契約を結びます。

この場合、直接契約することになるため、自分の都合に合わせた条件での働き方をするこができます。

また、仲介手数料や仲介の手間がかからないというメリットもあります

 

知人の紹介

職場のほかの副業エンジニアや知人を仲介して副業を始める副業エンジニアも多く存在します。この場合自分のスキルを知っている前提で契約ができるため、クライアントとの認識の相違が生まれづらいことや、報酬面での交渉や仕事面での相談がしやすいことがメリットとして挙げることができます。

また紹介してくれる知人がいない方でも紹介で仕事がしたいという方は、現在エンジニアの周りではお互いのスキルを高めあうためにサロンを展開している団体も多く存在します。スキルの向上も見込めるため、顔を出してみるのも一つの手かもしれません。

 

SNSの利用

SNSを利用しているエンジニアは少なくありません。

人材を求めているユーザーの目に留まるようにSNSを積極的に活用していきます。

ブログやツイッターで自分のプロフィールやスキルを紹介できるのはもちろん、インターネット上に制作した作品を公開しておくことで、能力を判断してもらい、スキルへの信用を得ることもSNS上では可能です。

新しいスキルなどを身につけたら欠かさず更新しておき、一人でも多くの人の目に留まるように魅力的な人間であることを発信していきましょう。

 

プログラミング講師の求人

2020年から小学校でプログラミングが必修科目となります。

そのため今からプログラミングを学習しようとしている人口が増えてきており、講師の人手不足問題も生まれてきています。

そのため実務経験のあるエンジニアは重宝され、多くのプログラミング講師の募集がされています。

またプログラミン講師の多くはコードの添削などオンライン上で行われる場合があります。

こちらも空いた時間や、休日などにできるため副業としても本業としても人気な仕事となっています。

多くの副業エンジニアはどうやって案件を獲得している?

先ほどいくつか副業の始め方を挙げてきましたが、現状最も多くのエンジニアはクラウドソーシングサービスを利用して副業案件を獲得しています。

しかしむやみにクラウドソーシングサービスを利用して入りだけでは、思ったように収入は上げることができません。

ここではクラウドソーシングサービスの利用のコツを紹介させていただきます。

 

複数のクラウドソーシングサービスに登録する

今使われているクラウドソーシングサービスは一つではなく複数存在します。

複数のサービスに登録することによって自分にあった案件を見つけられることも増え、逆に人材を探しているクライアント側の目に留まる可能性もその分増えるので、オファーが来る可能性もグンと上がります。

その際クライアントとのすれ違いを避けるため、ポートフォリオを作成しておくのも良いかもしれません。

 

自分の労力に見合った単価の案件を受ける

クラウドソーシングサービスでは高難易度の案件になればなるほど、報酬額は上がっていき、簡単になればその分報酬は下がっていきます。

自分のスキルに合っていると感じた高難易度の案件は受けるべきかもしれません。

しかし高難易度の案件を受けるより、簡単な案件を多くこなした方は結果的に労力を抑えて収入を増やせるといった場合があります。

自分に合った案件を

多く見つけることが、収入を上げる大きな要素となるので自分自身何ができるのか、何が苦手なのかを再確認するようにしましょう。

 

クライアントとの直接契約する

自分のスキルに合った案件をこなしていく内に、同じクライアントから案件を受けることが多くある場合があります。

同じクライアントからの案件をコンスタントにこなしていくと、クライアントからの信頼を寄せられることがあります。

クライアントから信頼を得ることができたならば、クライアントと交渉し、直接契約してもらえるか交渉してみましょう。

直接契約することで、クラウドソーシングサービスでのデメリットとなる仲介手数料などがなくなるため、収入を上げることが可能です。

 

 

エンジニアの副業を未経験が副業を始める際の注意点

エンジニア副業未経験③

エンジニア副業を未経験の人が副業を始める際、注意しておきたいことが何点かあります。

 

就業規則の確認

副業は法律上、公務員以外は禁止されていません。しかし企業の就業規則によって副業が禁止されている場合あります。

トラブルを避けるため副業を始める前に一度確認してから始めるようにしましょう。

 

確定申告

副業を始めるにあたって障害となるのは税金の問題かと思います。

副業で20万円以上の収入を得た場合、確定申告が必要となります。

しかし確定申告は難しいものではありません。税金の処理の手間を理由に副業を諦めるのは少しもったいないかと思います。ただ費用などの領収書の管理は忘れないようにしましょう。

 

本業へ支障を出さないように

副業はもともと空いた時間にするものです

副業はいつもとは違う仕事をするため、どうしても気が入ってしまうことがあります。

クライアントから無理なスケジュールを求めた場合はしっかりと断るようにしましょう。

案件を受ける前にまず、「この案件は副業で、本業を中心に考える」という旨をクライアントと自分へ再確認するようにしましょう。

 

 

副業未経験のエンジニアが副業を始めるならSEROKU

 

SEROKUはエンジニアの副業をサポートするクラウドソーシングサービスです。

副業を始めたての場合、自分のスキルがどれくらいか客観的に判断し、自分に合った案件を獲得することは難しいかと思います。

SEROKUではエンジニアのスキルに対して入札するオークション形式を採用しています。そのため副業未経験のエンジニアでも自分に合った案件を受けることが可能です。

また、クラウドソーシングサービスでデメリットなる登録料、仲介手数料が一切かかりません。

 

そのため副業未経験のエンジニアでも高収入を期待できます。

これから副業を始めようと考えているエンジニアの方、今よりも収入を上げたいと考えるエンジニアの方はぜひこの機会にSEROKUへご登録ください。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。