なぜ求められる?エンジニアマネージャーの仕事内容と大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアを細分化した職種の1つに数えられるエンジニアマネージャーは、重要な役割でありながら具体的な仕事内容があまり知られていない面もあります。エンジニアマネージャーは高収入ともよく言われているため、どんな仕事なのか知りたいと思う方は多くいらっしゃるかと思います。プログラマーやシステムエンジニアとして働いている人は将来エンジニアマネージャーに昇格する可能性がありますので、決して他人事ではありません。今回はエンジニアとしてのキャリアを積む上でも知っておきたいエンジニアマネージャーの仕事内容や、役割の重要性について解説します。


フリーランスエンジニア月収診断バナー

 

職種としてのエンジニアマネージャー

エンジニアと呼ばれる職業には多くの職種が含まれ、それぞれ仕事内容や会社の中で果たすべき役割が違ってきます。システムエンジニアやネットワークエンジニア・Webエンジニアなどは担当領域が明確で、仕事内容もイメージしやすいものです。また、エンジニアの中には営業職を兼ねたセールスエンジニアや顧客の技術サポートを担当するサポートエンジニアなど、エンジニアスキル以外にもコミュニケーション能力が重視される職種もあります。

そうした中でエンジニアマネージャーと呼ばれる職種は定義が抽象的な面もあって、一見しただけでは具体的な仕事内容が不明確です。一般的な会社や店舗の例で見ると、マネージャーと呼ばれる人は管理職や責任者を意味するケースが多いものですよね。そういう意味で言うとエンジニアマネージャーは数あるエンジニア職の中でも、管理職の立場にある社員に相当します。実際に多くの企業ではシステムエンジニアやプログラマーが経験を積んだ後に、エンジニアマネージャーとして昇格する例が大半です。

一方でエンジニアマネージャーは単なる管理職ではなく、他のエンジニア職と同様に役割の1つに過ぎないという考え方もあります。大半の企業ではプロジェクト単位で長期にわたる事業を展開してるため、こうした立場にある社員はプロジェクトマネージャーとも呼ばれています。

エンジニアマネージャーの主な仕事内容

エンジニアマネージャーは他の職種のエンジニアと違って、普通は開発や設計など細部に関わる技術的な仕事に従事しない場合があります。エンジニアマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、クライアントや会社上層部との打ち合わせもその1つです。クライアントの要望をヒアリングしながら課題を汲み取り、予算や納期といった条件に合わせてプロジェクトを計画することからエンジニアマネージャーの仕事が始まることが多いです。
プロジェクトを円滑に進めていく上では全体像を常に把握しながら軌道修正を行い、人員と予算や工数を適切に管理・調整する役割が必要です。そうした役目を担うエンジニアマネージャーはプロジェクト全体の責任者でもあることから、トラブルが発生したらその都度問題解決に当たらなければなりません。
プロジェクトチームに加わったメンバーへの技術面も含めたさまざまなサポートも、エンジニアマネージャーが果たすべき役目の1つです。メンバーに選ばれた社員は実力や個性・得意分野が1人1人異なるため、仕事の割り振りもプロジェクトの成否を大きく左右します。
プロジェクトがうまく運んでいる間は自身の仕事がそれほど多くない一方で、いざトラブルや遅延が発生した場合は急に忙しくなるのがエンジニアマネージャーの宿命です。メンバーが急に休んだりして人員が不足するような場合には、エンジニアマネージャー自身が穴埋めとして現場の作業をこなすこともあります。

エンジニアマネージャーの重要性

エンジニアマネージャーは以上のように重要な役割を果たしているわりに、一般のエンジニアにとって仕事の意義を理解しにくい面があるのも否定できません。プロジェクトを構成する開発やプログラミングに関わる技術的な作業は、主にシステムエンジニアやプログラマーといった職種が担当します。エンジニアマネージャー自身は普段そういった細かい仕事にタッチしないため、一見すると何の役にも立っていないように思われてしまうことがあるのです。
しかしプロジェクトを無事に完遂させる上では、全体を統括しながら絶えず軌道修正していく役割が最も重要なのは間違いありません。チームに所属するエンジニアが1人1人自分の好きなように仕事をしていては統制が取れなくなり、予算や納期も守れなくなってしまいます。
常にプロジェクトの進捗状況を見ながらメンバーにも的確なアドバイスを与え、全員が達成感を味わえるよう配慮するのもエンジニアマネージャーの大切な仕事です。プロジェクトを円滑に進めてクライアントを満足させるだけでなく、メンバー1人1人の成長とキャリア形成まで視野に入れながら人材を育成していく姿勢が求められます。同様の役目を果たすべき職種としてプロジェクトリーダーを配置するケースも少なくありませんが、外部との交渉も含めたプロジェクト全体の管理を担当するエンジニアマネージャーはそのプロジェクトにおいて最も重要なポジションなのです。

エンジニアマネージャーに求められる資質

エンジニアマネージャーにはエンジニアとしての技術的なスキルだけでなく、管理職としてのマネジメント能力も求められます。開発・設計からテスト・運用に至るまでの技術的な作業は配下のメンバーに委ね、自身はチームを統括しながら会社やクライアントとの間を取り持つ役目に徹しなければなりません。
企業によってはそれらのマネジメント能力を重視し、エンジニア経験者でない人をエンジニアマネージャーやプロジェクトマネージャーとして任命する場合もあります。そのような人はクライアントとの交渉力やメンバーの統率力に優れるだけでなく、予算や納期の管理といった分野で高い能力を発揮します。有能なエンジニアマネージャーは他人とのコミュニケーション能力も兼ね備えていて、対話を重視しながら問題点や課題を洗い出して解決に導く能力に秀でています。
とは言えエンジニアマネージャーはメンバーへの技術的サポートが仕事内容に含まれるだけに、一般的なマネジメント職とは違った困難が仕事に伴うのも事実です。システム開発やネットワークに関する専門知識を持っていないと、メンバーへの技術的なアドバイスや問題解決ができません。そのため大半の企業では経験を積んだシステムエンジニアやプログラマーをマネージャーとして昇格させ、1つのプロジェクトを統括する役目を委ねています。

まとめ

一般的なエンジニアは必ずしもマネジメント能力やコミュニケーション能力に秀でているわけではないため、仕事内容が急に変わったことで戸惑う人も少なくありません。それまで1日中パソコンと向き合っていた仕事から180度変わり、他人とのコミュニケーションや予算・人員の管理を中心とする仕事をこなさなければならなくなります。同じエンジニアの名称がついた職種でも、エンジニアマネージャーはシステムエンジニアやネットワークエンジニアなどとは違った資質が求められる仕事だと言えるでしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。