仕事につなげる!フリーランスエンジニアに求められる開発環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発者

会社に縛られずに働けるのがフリーランスエンジニアの魅力ですが、自由な立場の裏返しとして開発者としての責任も発生します。

エンジニアとして仕事をするために欠かすことのできない開発環境もフリーランスなら整える必要があります。

そのかわり、開発環境が整備されることでエンジニアとしての技術を存分に発揮して質の高い仕事ができるようになります。

最新機器にもいち早く対応できるので仕事を通じてエンジニアとして大きく成長するチャンスも掴めます。

今回は、フリーランスエンジニアに求められる開発環境とその選び方について紹介します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

環境を自由に整えられるのはフリーランスの強み

強み

フリーランスエンジニアは自らの責任において仕事を果たすのにふさわしい開発環境を用意しなくてはいけません。

会社勤めなら企業が用意した開発環境を利用して仕事ができますが、フリーランスでは自分で開発環境を用意しなければ最低限の仕事すらできません。

開発環境とはエンジニアにとっての頭脳であり手足でもある生命線です。

準備にはそれなりの費用負担が発生しますが開発環境整備への投資を怠るとエンジニアとしての信頼に関わるため最低限必要な支出を惜しむべきではありません。

 

開発環境を自分で自由に整えられるのは大きな強みでもあります。

雇われて開発業務に従事するエンジニアは会社側の用意した開発環境を利用できますが、逆に考えると会社側の用意した環境しか仕事に使えないということです。

用意されたマシンが古く性能が不足していたとしても勝手に環境を構築するわけにはいかず、力不足の非力なマシンでの開発業務を強いられてしまいます。

フリーランスの場合は自分で開発環境を整えられるので、案件ごとに最適な開発環境を柔軟に用意して仕事ができます。高度なマシンスペックが要求される案件なら高性能なマシンを導入できますし、業務効率を向上させるような最新ソフトウェアも自分ひとりの判断で導入できます。

開発環境の貧しさに足を引っ張られる現場はエンジニア業界では珍しくありませんが、フリーランスなら常に最適の環境で仕事に集中できます。開発環境の自由に構築できるようになれば、顧客の要望にも柔軟に応じられ、さらに仕事のチャンスは広がります。

 

ただし、案件を獲得する際には依頼主が求める言語での開発となるため、言語の範囲で開発環境を整えることはできないでしょう。

また、テキストエディタなどの環境は選択できる場合とできない場合があるでしょう。

フリーランスエンジニアに必要な開発環境とは

 

フリーランスエンジニアに必要な開発環境は大きく3つにわかれます。

・ハードウェア

・ソフトウェア

・案件を獲得できる環境

 

それぞれの開発環境について分けて見ていきましょう。

ハードウェア

 

ハードウェアはフリーランスエンジニアとして業務に使用する機械、資材のことです。

具体的にはパソコンやサーバーなどのワークマシン、キーボードやマウスなどの入力装置、SSDやハードディスクなどの記憶措置といったいわゆるマシン環境そのものがハードウェアに該当します。

ハードウェアの性能は開発業務に直結するため開発環境のなかで重要な役割を持ちます。開発業務では案件に対して対応するハードウェアがないと仕事になりません。

高度な性能を要求される案件であれば処理能力の高いハードウェアが求められます。

ソフトウェア

 

ソフトウェアはハードウェア上で働くプログラムやアプリを指します。

エンジニアの開発業務では顧客の要望を叶えるために必要なソフトウェアを調達し業務に使用します。ソフトウェアを開発するためにも、開発用のソフトウェアが必要です。

起業であれば指定のソフトウェアを使って業務をしなければならず、効率的でないケースがありますが、フリーランスなら案件に応じて自由にソフトウェアを選び業務効率を改善できます。

案件を獲得できる環境

 

案件を獲得できる環境とはハードウェアやソフトウェア以外でフリーランスとして仕事をするのに必要な環境のことです。

開発業務を行うための部屋や仕事に使う家具、情報収集のための出費などはフリーランスとして案件を取るのに欠かせないものであり、開発環境のなかでも重要な役割を担います。顧客との関係をつなぐために必要な社用車などもこの環境に含まれます。

 

また、フリーランスエンジニアは案件紹介サービスに登録しておいたほうが継続して案件を獲得しやすくなります。

案件紹介サービスに登録しておくこともフリーランスエンジニアにおける1つの開発環境といえるでしょう。

フリーランスに必要な開発環境の選び方・整え方

ソースコード

ひとくちに開発環境といっても選択肢は無数にあります。ハードウェアもソフトウェアも多種多様な製品が販売されています。

どれだけ環境を整えても案件を確実に獲得できるという保証はありませんが、常に最適なサービスを提供できるような環境を構築することが将来の成果につながります。

ハードウェアの選び方

 

ハードウェア選びでは最先端の機器を揃えることだけが環境整備ではありません。顧客が求めているのは、現在の業務環境で利用できる製品です。

最新の開発機材では正常に動作していても顧客の環境ではスペック不足で満足に使えない、というのでは充分な仕事ができたとはいえません。

型落ちのパソコンや古い規格の機器など、顧客の業務環境を再現するためのレガシーなハードウェアがフリーランスとしての強みになることもあります。

業務効率の追求も重要ですが、単に開発業務のやりやすさだけでなく再現性や互換性などにも注意してハードウェアを選ぶとより実践的な開発環境が整います。

ソフトウェアの選び方

 

ソフトウェア選びでは自分にとって扱いやすいプログラム言語が第一の選択肢になります。どのような言語でも構いませんが、広く普及している言語のほうが案件を獲得する可能性は高くなります。

業務の幅を広げたいなら複数のプログラム言語を扱えると強みになります。重要なのは、顧客の要望を形にできるソフトウェア環境を用意することです。

案件を獲得できる環境整備はどれだけ投資をしてもやり過ぎにはならず、それだけ見極めが難しくなります。

ただし、できるだけ投資をしないようにすることもフリーランスにとっては大切なので、課題の1つとして取り入れることも考えてみましょう。

案件を獲得できる環境の選び方・整え方

 

案件紹介サービスは、マッチングの場としてフリーランスにはありがたいサービスですが有料会員だからといって、必ずいい案件が見つかるという保証はありません。

自分のスキルに適した案件を紹介してくれるかを確かめて相性のサービスを探しましょう。

どこで開発業務に従事するか、というのも大切なポイントです。

 

フリーランスエンジニアは、ハードウェアとソフトウェアが揃っていれば場所を選ばず開発業務ができますが、実際に仕事をすると顧客を訪ねたり、直接会って話したりといった機会も少なくありません。

リモートワークのような形で地方に拠点を構えるのはコスト面では優れていますが、移動という観点から見ると案件獲得に有利とはいえません。

オフィスの広さや快適さなども業務効率には、小さな影響を及ぼすので、費用を節約することばかり考えるのではなく、業務における利便性や快適性も考えて開発環境を整備してください。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。