フリーランスエンジニアで常駐案件を獲得するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィス

現在の雇用情勢は多種多様であり、さまざまな雇用形態があります。なかでもエンジニア職においては、一般の仕事よって細分化された雇用形態が存在します。

今回は、多くの種類がある開発業務のなかから常駐案件について詳しく解説します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスエンジニアの常駐案件はどれだけあるのか

 

市場では現在多くのエンジニアを必要としており、

フリーランスエンジニアの需要も高まっています。

たくさんある開発業務のなかで常駐型の案件は、どのようなものが存在するのでしょうか。

 

ここでは実際に市場で求められているエンジニアの案件内容を

フリーランスエンジニア向けの案件紹介サイト「レバテックフリーランス」より、具体例としていくつかピックアップしてみました。

 

【参照サイト:https://freelance.levtech.jp/project/pickup/10/

案件例1:【PHP】新規ソーシャルゲームサーバーサイド開発のエンジニア求人・案件

 

報酬: ~75万円/月

最寄り駅: 都庁前(東京都)

開発環境: PHP,Ruby,Python

 

案件例2:【LAMP】Webサイトシステム開発/保守運用のエンジニア求人・案件

 

報酬: ~55万円/月

最寄り駅: 台場(東京都)

開発環境: jQuery,HTML,CSS,MySQL,Apache,Unix,Linux

 

案件例3:NEW キャリアユーザー向けアプリサーバ設計運用のエンジニア求人・案件

 

報酬: ~65万円/月

最寄り駅 : 東銀座(東京都)

フリーランスエンジニアの常駐案件の種類

ソースコード

フリーランスエンジニアの常駐案件の種類や案件で求められる作業内容や必要なスキルとは、どのようなものがあるでしょうか。

開発案件といっても、その種類や求められる業務内容はたくさんあります。

 

最近ニーズが高いのは、スマートフォンの普及によるスマホ向けのアプリケーションの開発やWebシステムの開発案件が多くあります。

もちろん、業務システム開発などの案件もあります。

 

常駐案件の種類としては、開発環境や使用言語などたくさんあります。

求められるスキルや作業内容も案件により全く異なります。

作業内容としては、要件定義から開発~リリースまで一連の作業を任される案件もあれば、

開発メンバーとして参画する場合や設計など携わる場合など多くの仕事内容があります。

エンジニアとしては、スキルが高いほど適応できる業務が多くなり、企業側も実力あるエンジニアを雇用します。

企業がフリーランスエンジニアを雇用する場合は、即戦力となることを期待するので、スキルの高さは案件を獲得する基として必ず求められます。

 

以下に実例をまとめてみました。

 

【参照サイト:https://freelance.levtech.jp/project/detail/24182/

 

職務内容:

・新規サービスの企画立ち上げ、要件定義、開発からリリースまで。

・サービス開発に必要なアーキテクチャ設計及び実装。

 

必須スキル:

・要件定義工程以降の開発

・Javaを用いたWebアプリケーション開発

フリーランスエンジニアの常駐案件の単価

 

フリーランスエンジニアの常駐案件の単価はどのくらいなのでしょう。

安定した収入を約束している企業のエンジニアとは違い、フリーランスエンジニアは受ける案件によって収入がばらつきます。

管理も個人で行わなければならないため、案件を選ぶ際の目安として単価は必ず見なければなりません。

そして、案件を獲得できなければ、当然収入はありません。

ただ、フリーランスエンジニアは自分の実力とやる気次第で多くの額を稼ぐことができます。

というのも、フリーランスの案件には高報酬の案件がいくつもあるからです。

ただし、高報酬の案件に対しては、それなりのスキルとプロフェッショナルとしての対応力が必要となります。

フリーランスエンジニアは、実力次第の仕事なので、仕事に対するモチベーションは高く保てるでしょう。

 

フリーランスエンジニアとして受けられる常駐案件では、精算基準時間が大抵同じです。

具体的な報酬の例をまとめてみました。

ここでは、数あるプログラミング言語のなかでも需要が高いJavaやRubyの開発案件を例としてピックアップしました。

 

【参照サイト①:https://freelance.levtech.jp/project/detail/24138/

【参照サイト②:https://freelance.levtech.jp/project/detail/24593/

 

例1:【Java ,JavaScript ,Ruby のシステム開発】

 

報酬:

~ 115万 円/月

 

ポジション :

SE (システムエンジニア)

 

精算基準時間:

140時間 ~ 180時間

 

例2:【自動車関連新規サービス開発の求人・案件 Java ,Go言語 使用】

 

報酬:

~ 110万 円/月

 

ポジション:

SE (システムエンジニア) ,プロジェクトマネージャー(PM)

 

精算基準時間:

140時間 ~ 180時間

 

例3:【Androidアプリ開発の求人・案件 Java ,Kotlin】

 

報酬:

~ 95万 円/月

 

精算基準時間:

140時間 ~ 180時間

フリーランスエンジニアの常駐案件はどうやって獲得するのか

疑問

フリーランスエンジニアはサラリーマンと違って自分で仕事を見つけ、決めなければなりません。案件を獲得することはフリーランスエンジニアの醍醐味でもあります。

現在、市場に多く溢れている開発案件ですが、フリーランスエンジニアは常駐案件をどうやって獲得しているのでしょうか?

 

では、具体的に案件の獲得方法を解説します。

 

フリーランスエンジニアの主な案件獲得方法には二つのパターンがあります。

・コネクション

・エージェントサービス

 

コネクション

 

コネクションによる案件獲得は、キャリアが必要となります。

よくあるパターンとしては、これまでの仕事で築いた人間関係や過去のクライアントなどからの依頼を受ける場合です。

以前に関わりがあったことから、パーソナル情報などは把握しているので、案件を獲得しやすいパターンといえます。

これまでの信頼関係に基づいて仕事を貰い、このやり取りによってよりよい人間関係を築けるので双方にメリットがあります。

 

エージェントサービス

 

もう1つの方法は、案件紹介サイトやフリーランスエンジニア向けのエージェント会社を頼る方法です。

こちらの場合は、業務が広いことから情報収集できるというメリットがあります。

さらに、コミュニケーションが苦手で企業に対するPRなどがやりにくいというエンジニアへ向けて、面談の際にサポーターが同行するというサービスをしているところもあります。

 

顧客を新規開拓したい場合や、営業が苦手な人は利用することをおすすめします。

 

エージェントサービスを利用する場合、1つだけでなく、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

最近では、サイトやエージェント会社も増えてきて仕事を見つけやすい環境といえます。

 

ただし、エージェントサービスを利用すると、手数料として報酬から20%ほど支払わなければならないことが多い傾向にあります。

手数料による報酬の減少が嫌なのであれば、当サイト「SEROKU」のようなエンジニアへの負担がないサービスを利用することをおすすめします。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。