フリーランスエンジニアの働き方とメリットを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス

現在、システムやアプリケーションのエンジニアは、需要が高い傾向にあります。

そのため、エンジニアは仕事を取りやすい状況だと言えます。

ただ、会社員のエンジニアは、毎日決まった時間に会社へ行って仕事をします。

満員の通勤電車で、毎朝会社に向かうのはストレスが溜まるという人は多いでしょう。

そんな人にはフリーランスエンジニアとして働くことをおすすめします。

 

現在、フリーランスエンジニアとして仕事をしている人が数多く存在します。

フリーランスエンジニアであれば、一般的な会社員のような企業への常駐だけでなく、さまざまな働き方ができます。

 

今回は、これからフリーランスエンジニアとして仕事をしたいと考えている人に、フリーランスエンジニアの働き方について解説していきます。

フリーランスエンジニアの働き方は大きく分けて2つある!

 

フリーランスエンジニアの働き方は、大きく分けて常駐と在宅の2種類があります。

これら2種類の働き方ですが、どちらが良くて、どちらが悪いということはありません。

両方にメリット、デメリットがあります。

そして、人によってもメリット、デメリットの基準も違うでしょう。

どちらの案件を選ぶかを決めるのは、全て自分自身です。

 

では、この2種類の働き方にある特徴を説明していきます。

 

常駐フリーランスの働き方

 

フリーランスエンジニアの常駐案件では、企業がクライアントとなることが多い傾向にあります。

基本的に顧客先が職場となり、指定された日にち、時間に顧客先まで通勤となります。

フリーランスエンジニアの場合、交通費は自己負担となる場合が多いため、勤務地も考慮しなければなりません。

あまりに自宅から遠いと通勤費がかかり、通勤時間もかかるため、金銭的だけでなく時間にも負担がかかります。

 

フリーランスエンジニアは、経費などの事務処理や営業などもあり、日々忙しくなりがちなので、時間は有効活用しなければなりません。

 

在宅フリーランスの働き方

 

フリーランスエンジニアの在宅案件では、ほとんど自宅にて作業を行います。

作業場所は自宅以外でも可能であり、時間制限も納期に間に合えば問題ないことがほとんどで、基本的には自由となります。

ただし、在宅案件を受ける場合、充分に仕事ができる環境を整えておく必要があります。

 

また、在宅案件では、プロジェクトの詳しい内容を話したり、エンジニアの担当領域などを決めたりするために、何回か顧客先まで行かなければなりません。

そのため、全てのプロセスを自宅でこなせるわけではないので注意しましょう。

 

常駐フリーランスエンジニアの働き方にあるメリットとは

常駐でミーティング

 

では、常駐案件を受けた場合のフリーランスエンジニアのメリットについて解説していきます。

 

時間精算が多い

 

常駐案件では、基本的に勤務時間の線引きがありますので、作業時間はクライアントの意向に合わせることが多い傾向にあります。

残業をしなければいけないこともあるでしょう。

通常の勤務形態がほとんどで、土日・祝日は休みとなるでしょう。

勤務時間も多少のばらつきはありますが、一般的で朝10時から夜19時までの原則八時間勤務を基準としている場合が多いでしょう。

一部フレックス制度を採用しているところもあり、案件により異なります。

 

常駐案件には、勤務時間で単価の精算をしてくれる場合が多く、働いた分だけ報酬が増えます。

残業があったとしても、時間精算であれば単価が増えることにつながるため、人によっては嬉しい場合もあります。

ただし、案件のなかには納品が終わってから報酬が支払われることもあります。

 

常駐案件では、フリーランスエンジニアとはいえ、普通のサラリーマンと仕事する上では、何の変わりもないでしょう。

ただ、もらえる単価は会社員に比べて多い傾向なので、収入アップは見込めます。

 

エンジニアの負担が小さい

 

常駐案件の場合、クライアント企業や協力会社の人と仕事をすることが多くなります。

そのため、プロジェクト案件やチームに属して仕事をすることになるでしょう。

作業は分担制になることが多くエンジニア個人への負担や責任が抑えられるメリットもあります。

ただし、案件によっては共同作業してくれる人がいないために、自身への負担が大きいものもあります。

その場合は、単価の値上げの交渉をするきっかけとなるので覚えておきましょう。

もし、負担が大きい案件を取りたくないなら、どの案件を選ぶかを念入りに考える必要があるでしょう。

 

ほかの開発者と交流できる

 

常駐案件では、顧客先が企業であり、エンジニアのたくさんいる場所であれば、多くの開発者と情報共有ができるかもしれません。

そのなかの開発者が情報収集力の高い人であれば、最新の技術を学ぶこともできます。

最新技術の知識は、以降の案件獲得にとても役に立つので、大きなメリットといえるでしょう。

ただし、個人で作業を行う案件では、このメリットを活かせません。

このメリットを活かしたいのであれば、ほかの開発者との共同作業となる案件を選択するといいでしょう。

 

在宅フリーランスエンジニアの働き方にあるメリットとは

在宅で作業する女性

 

では、在宅案件を受けたフリーランスエンジニアのメリットについて解説していきます。

 

通勤の必要がない

 

在宅案件の魅力は通勤をする必要がないということになります。

客先に出向く必要がなく、自宅または、自らの作業場所で仕事をすることができます。

ただ、顧客への進捗報告などは定期での面談が必要な場合があり、顧客先へ行かなければならないときもあります。

案件によってはウェブミーティングで打ち合わせを行うこともあるので、顧客先へ行かずにプロジェクトの打ち合わせができます。

これは案件やクライアントの意向により変わってきます。

 

時間の使い方が自由

 

在宅案件は、作業時間がほぼ自由なのが最大のメリットといえるでしょう。

そのため、休憩時間も基本的に自由となります。

極端にいえば、ペースが上がらない日は、仕事をしなくてもいいですし、作業時間も昼夜逆転で構いません。

時間と作業場所に制限がないため、仕事のやり方次第では複数の案件を同時に行うことも可能です。

営業なども自由に行えます。

 

ただ、在宅案件では時間が自由に使えることがメリットであり、デメリットにもなります。

理由としては、報酬面では時間精算ではなく、成果物の納品による契約などが多い傾向があるからです。

見積もり額よりも作業時間が増えてしまった場合、時間的にも報酬的にもマイナスとなる可能性もあります。

さらに、納期に間に合わなければ、クライアントからクレームが殺到し、報酬をもらえないこともあります。

ゆえに、スケジュール管理をしっかり行い、納期には間に合うよう務める必要があります。

 

自分のペースでスキルアップができる

 

在宅案件では、作業時間のコントロールが自由に行えるため、新しい技術の学習などが自分のペースで行なえます。

必要であれば、セミナーへの参加もできます。

次の案件を探す時間も、作業の最中に行えるでしょう。

 

ただし、在宅案件においても、クライアントの都合で作業をしてほしいということがあるかもしれないので、注意はしておきましょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。