30代で未経験でもプログラマーで活躍できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代 男性

30代未経験からプログラマーになるためには、学ぶことも多くなってきます。しかし、未経験でもチャレンジし続けることは大切なことです。

30代でプログラマーになるためには、ステップを理解して行動さえできて乗り越えれば成功し活躍できます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

30代未経験でも、プログラマーになるメリット

30代で就職したり、転職を考えてプログラマーになることでメリットがあります。

それは、給料が他の業種に比べ比較的高いということです。

ただ高いという訳ではなく、全体的に給料の水準が高いのです。

 

そこで考えたいのが、どんなIT業界に所属するのかということと、大手なのか下請けなのか、孫請なのかなどによって違いも出てきます。

 

そしてIT関係の給料の水準は、プログラマーとしての実績やスキルが大切となってくるので、30代になってからでも給料を上げることは難しいものではないです。

さらには、未経験からだとしても将来的な安定性を考えると、需要が見込めるジャンルです。

 

なぜならば、スマートフォンやタブレットの普及によってプログラマーの需要は安定性があると言えます。

 

また、メリットとしてはシステムの面で今後も向上していくので、仕事が無くなるといった心配もないです。

30代未経験からプログラマーへ転職や就職することは可能

30代から未経験であっても転職や就職することが可能なのは、プログラマーの技術を身に付けておくことも大切なのですが、その他の人間性も就職することには有利だからです。

さらには、プログラマー自体が圧倒的に人手不足となっているからとも言えます。

 

しかし人間性や人手不足だけは厳しい面もあるので、実務経験の不足をカバーできるスキルや経験などをアピールさえできれば、さらに可能性は高いです。

 

本気で目指すならば、未経験でもプログラミングスクールに通ったり、特化型の転職エージェントを利用したり、職業訓練校を利用したりと、未経験からでも就職するための手段はたくさんあります。

 

30代から未経験でプログラマーを目指している人の多くは、このようなところで就職や転職に必要な経験を詰むことで経験の値を増やし補っています。

 

さらには、動画や本を使って独学で学ぶことも必要で未経験でも分かりやすく就職に有利に働くものもたくさんあるようです。

30代未経験からプログラマーになるために必要なスキルと知識

必要な知識とスキルとしては、選ぶジャンルにもよりますが、Web系ならプログラミングはもちろんのこと、デザイン系の知識やサーバー、データベースの知識も必要です。

 

HTMLやCSSのコーディングがメインの業務なので必要でこの二つは必要なスキルです。

アプリ系は、AndroidやiOSといったプログラムの知識が必要です。また、それぞれのOSに対応した言語知識はもちろんpythonのスキルが必要です。

 

ゲーム系は、アプリ開発の知識が必要です。

基本はC++ですが、ゲーム開発システムによってはC#のスキルも必要です。

システム系のプログラマーは、JavaやC++のスキルが最低限必要です。

 

さらには事務処理系のプログラムを扱う場合にはCOBOLの知識やスキルも必要です。

また、身に付けておきたいスキルは基本的なビジネススキルは必要です。

 

プログラマーとしての技術と同時に、本質を突き詰め問題を解決し、物事を分かりやすく相手に伝え、自分の考えを持ち提案をする力です。

 

そして段取りを組みプロジェクトを進めていけるプロジェクトマネジメントのスキルは求められることが多いです。

30代未経験のプログラマーがフリーランスで案件を獲得する方法

30代 男性

必要となってくるのは、どこかの会社に入ってプログラマーの経験を積んでからという方が良さそうです。

 

なぜならば、プログラミングのスキルだけではフリーランスとしては不十分だからです。

サーバーやデータベース、セキュリティの知識も必要となってきますし、システム設計やドキュメント作成も必要となるケースもあります。

 

さらに経験だけではなく、仕事とってくることが必要なので、方法としては会社に居る間にスキルを高めておくのはもちろんなのですが、人脈を広げてフリーランスとして仕事をとっこれることが方法です。

 

そうなると早ければ、三年間くらいでフリーランスとして働くことができます。

また、フリーランスとして働くもう一つの方法としめは、クラウドソーシングサイトで仕事を探すことです。

 

クラウドソーシングを使うことで、仕事の受注から報酬の受け取りまで、ネット上ででき平日の夜や週末もフリーランスとして働くことができます。

 

一度どこかの会社に所属するのがフリーランスとしてプログラマーをやっていくためには必要な経験のようで、少しでも早くという人ならクラウドソーシングを利用するのも方法です。

30代未経験が選ぶプログラマーのジャンル

IT関係と言ってもさまざまなジャンルがありますが、30代で未経験のプログラマーを目先すなら、どのジャンルに進むのか考えて行動することが大切です。

 

Web系ならWebサイトに特化した業界で、会社のコーポレートサイトや、インターネット上に置いた独自運営のWebサイトで販売するECサイトや、FacebookなどのSNSにあります。

 

アプリ系では、スマートフォンの普及に伴って景気が良く活気があるのが、アプリ系のプログラマーです。

プログラマーの人材でも、アプリ系の需要はとても高いです。

 

ゲーム系は、箱型のゲームのイメージより現在は、スマートフォンのゲームもジャンルの一つになっています。

 

ゲーム好きな人が希望することが多く、複雑なプログラムを生み出すことで人気があるようです。

 

システム系は、スマートフォンやエアコンなどのハードウェアに組み込むソフトウェアや企業の生産管理システム、その他の管理ソフトといった顧客の必要性に合わせた独自のシステムを組むこともあります。

まとめ

30代で未経験の人がプログラマーになるためには、人手不足のために人材が必要なのでなりやすそうだと言えます。

 

しかし一方では、スキルを身に付けてから就職した方が良いということも言え、自分をアピールするためやフリーランスをする人なら尚更、必要に感じます。

 

しかし何をしたいかという目的を持ってさえいれば、未経験からでもやりがいがありそうにも思えます。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー
SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。