未経験者がプログラマーとして成功する秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン

IT関係の仕事に興味を持つ人の中にはプログラマーになりたいと考えている人も少なくありませんが、難しそうなイメージのある仕事だけに未経験だと通用しないのではないかと不安になりがちです。

そんな人が一人前のプログラマーとして成功するには何が必要かという点について、成功するためのポイントと合わせて解説します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

未経験でもプログラマーになれる理由

プログラマーはプログラミング言語を駆使しながらシステムやアプリ・ゲームなど、さまざまなコンピュータプログラムを作成するのが主な仕事です。プログラマーの仕事にはプログラム設計やコーディングだけでなく、バグの修正やテストなど多種多様な作業が含まれます。

 

このような仕事はどれも専門性が高くプログラミング言語に関する知識が不可欠のため、どうしても難しいというイメージが付きものです。

 

実際に企業が募集しているプログラマーの求人情報を見ると、経験者に限るという例や経験者優遇としている例も少なくありません。一見するとプログラマーの仕事は経験者でないと務まらないかのようですが、現在活躍中のプログラマーも最初はみな初心者からスタートしたはずです。

 

プログラマーとしての経験やスキルを持っていれば採用に有利なのは事実とは言え、求人の中には未経験者可としている案件も多く見られます。

 

IT業界ではプログラマーを含むエンジニアの人材が慢性的に不足しており、フリーランスのプログラマーなど社外の人に仕事を外注して人員を確保しているような例も珍しくありません。

 

人材不足に悩む企業では未経験者でも積極的に採用し、プログラマーとして育成していこうという方針を打ち出しています。そのような企業の求人がうまく見つかれば未経験者でもプログラマーになれる可能性は十分にありますが、採用の確率を高めるには工夫も必要です。

未経験のプログラマーが最初に身につけるべきスキル

未経験からスタートしようとする新米プログラマーが最初に身につけるべきスキルは、プログラムのコードを書くのに使われるプログラミングの知識です。

 

プログラマーの仕事は多岐にわたるため、プログラミングだけやっていればいいわけではありませんが、最低でも基礎的な知識を身につけていなければ仕事ができません。

 

職種名の由来にもなっているように、プログラマーはプログラミングのスキルを持っているからこそ、仕事が与えられるとも言えます。未経験から始めて一人前のプログラマーを目指していく上でも、まずは何らかのプログラミング言語に関するスキル習得が欠かせないのです。

 

プログラミング言語を駆使してコード作成やデバックなどの仕事がこなせるようになれば、一人前のプログラマーとして仕事を任せられるようになります。

 

プログラマーを雇用する企業では社員のスキルに応じて仕事を割り振りしており、スキルの高い社員ほど重要な役割を与えられるのが普通です。

 

未経験で採用した新米プログラマーがいきなりコードを書かされるようなことはなく、最初は簡単な作業が割り当てられます。

 

未経験のプログラマーに与えられる仕事はプログラミングの初歩を理解していればできる作業とは言え、仕事を早く覚えてステップアップを図るには知識の強化が欠かせません。事前に何らかのプログラミング言語について基礎を学んでおけば、仕事を覚えるのも早くなります。

未経験のプログラマーがスキルを身につける方法

未経験の人がプログラマーとして採用された後にスキルアップを目指すには、仕事の範囲内で経験を積むだけでは時間がかかりすぎる面もあります。未経験のプログラマーに与えられる仕事は難易度が低く、スキルアップにはつながりにくいのです。

 

そのため未経験からスタートしたプログラマーの多くはプログラミングスクールなどを利用し、自主的にプログラミングの知識を深める努力をしています。

 

最近はオンラインで受講できるプログラミングスクールも増えており、ちょっとした空き時間を利用しながらプログラミングスキルを強化できるようになりました。

 

需要が高いプログラミング言語としてはJavaやC#、Rubyなどが挙げられ、PHPやJavaScriptなどWeb系の言語も人気です。プログラマーとして働いた経験がなない人でも、そうした言語に関して自発的に学習することは可能です。

 

事前にこうしたプログラミングスクールで基礎知識を身につけてからプログラマーの求人を探した方が、企業の側からも学習姿勢が評価されて採用されやすくなります。未経験者歓迎としてプログラマーの求人を出している企業の側でも、本音を言えば即戦力の人材が欲しいものです。

 

未経験のプログラマーだとゼロから教育する手間もかかりますが、プログラミングに関する基礎知識を身につけている人なら飲み込みも早いので、教える手間が省けます。

 

そのような人は新米プログラマーの状態から脱するのも早く、入社後早い段階から難易度の高い仕事を任されるようになるものです。

未経験者がプログラマーとして成功するために知っておきたいもう1つのポイント

ポイント 指

未経験からスタートしながらプログラマーとして成功するためには、以上のようなプログラミングのスキルを身につけるだけでは十分でありません。プログラマーの仕事にはプログラミングの実務能力だけでなく、ある程度のコミュニケーション能力も求められてくるのです。

 

プログラマーを採用している企業ではプロジェクト単位で事業を進めている例が多く、チームを組んで役割分担しながらIT製品を作り上げています。プログラマーは自身の担当するプログラミング作業をこなす一方で、他のメンバーとも連携しながら仕事を進めていかなければなりません。

 

現場で活躍しているプログラマーはそういったコミュニケーション能力に加えて問題解決能力や提案力など、仕事を円滑に進めるのに役立つ総合的な能力を兼ね備えています。

 

その上で前述のプログラミング言語に関して自発的に勉強していく姿勢を維持していけば、プログラマーとしての成功につながります。未経験の状態からスタートして一人前のプログラマーになった人の多くは、以上のようなポイントを意識しながら必要なスキルを身につけているのです。

まとめ

未経験の人がプログラマーになるには会社のサポートも欠かせませんが、成功できるかどうかは自分の努力次第です。プログラミングに関するスキルとコミュニケーションスキルを身につけるよう努力すれば、たとえ未経験からスタートしてもプログラマーとして活躍できるようになります。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。