プログラマーに必要不可欠な開発スキルを独学で取得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強

独学で開発スキルを習得したいと考えている人もたくさんいて、実質独学の人も多いです。そこで独学でプログラマーの勉強をするにはどうしたらいいのか紹介します。その他にも独学で勉強した後、どうしたら成功しやすいのか解説していきます。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

プログラム関連の教材を購入すること

プログラマーが独学で勉強するには、プログラム関連の教材を購入しなくてはいけないです。現在ではC言語やJava以外にも色んな開発言語が存在しており、様々なプログラムやシステムに使用されています。

 

どの開発言語にするか決める

これから独学で勉強するプログラマーによって、興味や関心を持つ開発言語が異なります。そこでどの開発言語を勉強していきたいのかまずは判断しなくてはいけません。

 

そして学びたい開発言語を定めることができれば、関連している教材を購入することが求められてきます。

 

ここで重要になってくるのかいきなり難しいプログラム関連の教材を購入してしまうと理解することができなくて、勉強を挫折する可能性が出てきます。これでは何時まで経っても優秀なプログラマーとして成長できないので、注意しなくてはいけないです。

 

最初は初心者向けの教材を購入しよう

最初は初心者向けの教材を購入して、自分のペースで無理なく勉強していくのがポイントです。そして少しずつプログラムの知識を身につけることができたらそれに合わせて、難しいプログラム関連の教材を購入していけば、高度なプログラミングスキルを習得可能です。

 

初心者向けの教材から勉強することで、基本をしっかりと学べるので誤った認識を極力避けられるようになります。

 

自宅のパソコンにプログラム開発環境を導入

独学でプログラミングの勉強すると徐々にプログラミングをしていきたいという気持ちが強くなります。自宅のパソコンでも開発環境を整えることで、プログラミングを実施できるようになります。

 

簡単なプログラミングならば、あっという間に実施できるのでまずは開発環境を整えることが求められます。開発環境を整えるにはそれほど難しくなく、無料のツールなどでも開発環境を整えることが可能です。

 

Javaの勉強がしたいプログラマーは、Eclipseを導入することで何時でも気軽にプログラミングの練習が行えます。C言語の場合は、C言語のコンパイラを導入することであっという間に開発環境を整えることが可能です。

そして開発環境を整えることができれば、好きな時にプログラミングを行えるので独学でも少しずつ優秀なプログラマーとして成長できます。

 

開発環境を整える時、ツールやソフトなどを導入するのですがパソコンの種類によって相性が異なっているため、その点に気をつけながら開発環境を整えなくてはいけません。

 

IT関連の資格取得を目指すのがポイント

指 ポイント

独学で勉強しているプログラマーは開発言語を極めるだけではなく、ITに関する知識を高めなくてはいけません。そこで重要になってくるのがIT関連の資格です。

 

取得することができれば、どのくらいの能力を身に付けているのか多くの人にアピールできます。

 

難しい資格を取得する

特に「基本情報技術者」「応用情報技術者」など難しい資格を習得できれば、優秀なプログラマーとして証明できるので、色んな案件に携わりやすくなります。

 

IT関連の資格取得に関しても、独学で一生懸命勉強していけば、取得することが可能です。まずは基本情報技術者もしくは応用情報技術者の過去問題をまとめている教材があるので、徹底的に勉強しなくてはいけません。

 

色んな開発言語を学ぶ

また開発スキルも必要なので、JavaやC言語の他にperlなど色んな開発言語を学ぶことが必要です。

 

合格率が低くてかなり難しい資格なのですが取得しているプログラマーと取得していないプログラマーでは、大きな違いが発生しています。色んな案件に携わりたいと考えているプログラマーは、独学でも全然問題ないので資格取得を目指すのがポイントです。

 

IT資格によって、取得してから一定期間しか資格を保持できない場合もあれば、一度合格することでずっと資格を所持できる場合があります。どのような資格取得を目指すのか独学で勉強しているプログラマーで異なってくるので、よく考えることが重要です。

 

成功のためにさらに大切なこと

独学で高度なプログラミングを身につけることができたプログラマーは、様々な案件でプログラミングを実施できるようになります。

 

コミュニケーション力が大事

まず成功するには、多くのプログラマーが同じ案件で仕事をしている可能性があるので、積極的にコミュニケーションを取っていくのがポイントです。コミュニケーションは何よりも大切で信頼関係を構築できれば、仕様の差異を極力避けられます。

 

プログラマーは全部のプログラムやシステムの開発をするのではなく、一部分を任せられるケースがほとんどです。開発したプログラムを合わせた時、コミュニケーションを取ることによってエラーや不具合を少しでも避けられます。

 

そして良質なプログラムやシステム開発を実施できるので、コミュニケーション能力が大切です。

 

見やすいプログラミングをすること

もう一つ成功するために必要なポイントで、見やすいプログラミングをすることが重要になってきます。あまりにも自分勝手で見にくいプログラミングをしてしまうと自分が理解できても他のプログラマーが理解しにくいです。

 

そこでシンプルで分かりやすいプログラミングをすれば、他のプログラマーも理解できるので好印象を与えられます。

 

プログラミングをする時、コメントなどを上手く活用すれば、どのような働きをしているのか判断しやすいです。あまりプログラムに詳しくない人も理解できるので、分かりやすいプログラミングが必要不可欠です。

 

ただプログラミングを実施する時、携わっている案件によってどのようなルールが設定されているのか異なっています。ルール違反をすると周りに迷惑をかけてしまうだけではなく、案件に携われなくなる恐れがあるのでルールを守りながらプログラミングをしなくてはいけません。

 

まとめ

独学で勉強するには、まずプログラム関連の教材を購入して少しずつ勉強することが必要です。そして自宅のパソコンを利用して開発環境を整えれば、何時でもプログラミングの勉強を実施できます。

 

またIT関連の資格を取得することで、プログラマーとして能力証明しやすいので案件に携わりやすくなります。成功するには分かりやすいプログラミングとコミュニケーション能力が求められます。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。