フロントエンジニアとは?フロントエンジニアの仕事解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン 男性

IT系の仕事には様々な職種があります。エンジニアと言われる職種にも、任されるポジションにより様々な呼称があります。今回解説する「フロントエンジニア」は、webサイトやアプリケーションの開発において、デザイナーとディレクターとやりとりをしつつ、主にUIの開発に関わるポジションです。

 

フロントエンジニアの業務内容や年収などを、詳しく解説していきます!

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フロントエンジニアとは?

フロントエンジニアとはweb制作にかかせないポジションです。Web制作者といえば、「Webデザイナー」や「Webディレクター」が一般的には代表的な職種だと言われます。その他技術者として「HTMLコーダー」などが挙げられることが多いです。

 

これまでのweb制作の過程においては、デザインからHTMLでコードを書き、JavaScriptを組む工程はすべてwebデザイナーが請け負うことが一般的でした。しかしながら、質の高いサイトの需要が高まっていることもあり、web制作の工程ごとに専任の担当者を配置するようになりました。

 

「フロントエンジニア」はそれらの専任担当者のなかの一人で、かなり専門的な職種となります。

 

フロントエンジニアの仕事内容

パソコン 男性

フロントエンジニアの具体的な仕事内容を説明します。「フロントエンジニア」は、正確には「フロントエンドエンジニア」のことを指します。「フロントエンド」とはWebサイトやアプリケーションなどの「画面越しにユーザーがみて、触れる部分」のことをを意味しています。

 

フロントエンドエンジニアは、これらのユーザーとの接点であるUIの開発を担うエンジニアです。HTML、CSSに加えて、JavaScriptを主要なプログラミング言語として使用します。webやアプリケーションの作成過程において、プログラミング、設計、テスト、パッケージ管理などユーザーエンド側の実装作業を行うのがフロントエンドエンジニアです。

 

「サーバーサイドエンジニア」という職種もありますが、こちらはフロントエンドとは逆に、サーバー側の開発作業を行うエンジニアのことです。UIには関わらず、サーバーサイドの認証・認可、API、データベースのCRUD操作など、アプリケーションに必要な機能の実装を行います。

 

フロントエンドエンジニアとは使用するプログラミング言語も異なり、PHP、Ruby、Javaなどの言語を使います。

 

フロントエンジニアは単なるHTMLコーダーというわけではありません。CSSやJavaScript(jQuery)はもちろんですが、PHPの設計や実装の知識とスキルが必要となる重要なポジションです。

 

また、企業によって作業の分担割合や工程の配分割合などは異なりますが、小規模の企業においてはサイト作成全般の業務に関わることが多くなるのもフロントエンジニアです。

 

webデザインには直接関わることはないかもしれませんが、どのようなWebサイトの実現が可能か制作スケジュールを考慮し、WebディレクターやWebデザイナーとの打ち合わせ業務が発生する可能性があります。

 

そうなるとある程度のデザインに関する知識もプログラミングスキルと合わせ必要となってきますし、コミュニケーションスキルも重要となってきます。専門職とはいえかなりマルチな業務を請け負う可能性があるのもフロントエンジニアの特徴です。

 

フロントエンジニアの年収

フロントエンジニアの仕事の平均年収は約500万円台がボリューム層です。同年代の日本の平均年収と比較すると高い傾向にありますが、年齢により平均年収が大きく変動し、20代は300万円台、30代は400万円台、40代は500万円台となっています。

 

若手フロントエンジニアは、20代で入社して現場で仕事を覚えながら専門的なスキルを身に付けていく場合がほとんどです。そのため、最初の年収は低め、そこからスキルアップをするにつれて年収が上がっていきます。

 

全体の給与幅としては346〜880万円と比較的広く、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があるのが現状です。また、フロントエンジニアは転職が珍しくありません。むしろ転職を経験している人が非常に多い職種となっています。

 

転職を1度も経験したことがないフロントエンドエンジニアは少なく、経験1回が45%、2回が30%となっています。さらに、転職によって年収がアップした割合も75%となっています。

 

以上から、フロントエンジニアは年齢による昇給だけでなく、給与や待遇の良い会社に転職することによって年収をアップさせていることがわかります。同じスキルを持った人でも働く企業によって年収は大きく変わるのがIT系の職種の興味深いところでもありますね。

 

今の年収が物足りないと感じた場合はより良い条件の企業への転職をすることで、自身の年収を大きくアップさせることが可能です。

 

フロントエンジニアに必要なスキル

パソコン 大勢

フロントエンジニアとしてスキルアップすることは、自身のキャリアアップと年収のアップにもつながります。日々の業務も忙しいでしょうが、恒常的に学び続けて技術の更新を心がけることが非常に重要となってきます。

 

企業が求めるスキルは大きく2つです。1つはリーダーとしてチームを率いた経験や、企画の提案など、コミュニケーションスキルやテクニカルな部分以外でのソフト面での業務がうまくこなせるかです。開発プロセスの作業工程が細分化されるようになった昨今、他の担当

者とうまくコミュニケーションをとれなければ、全体の進行に影響が出る場合があります。

 

Webサイトの構築ができるだけではなく、企画の段階から関わったり、仲間をバックアップしたり、複数人のエンジニアを管理する能力は重要なスキルの1つです。

もう1つはエンジニアとして、技術力を上げることです。

 

フロントエンジニアとしてHTML、CSS、JavaScript、PHPといったプログラミング必須スキルはもちろんですが、さらにそれぞれの言語に対する理解を深めることが重要です。そうすることで複雑なライブラリやフレームワークを使いこなせるようになると、ほかのエンジニアとの差別化になるのです。

 

また、日々の技術革新にきちんと対応できるよう常に勉強を続けていくことも大事です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。エンジニアとはいえ様々な人とのコミュニケーションが必要となるなど、フロントエンジニアはマルチな業務が求められる職種です。また、Web業界を取り巻く状況は日々変化しています。

 

Webの技術は複雑化しており、高い専門性に対応できるフロントエンジニアの需要はさらに増えることが予測されます。フロントエンジニアの仕事がなくなることはしばらく心配しなくてもよいでしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。