フリーランスエンジニアのお仕事の見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスエンジニアの仕事探し

こんにちは、るーしーです。

フリーランスとして、IT界隈でコンサルティングをしていたり、会社員として仕事をしたり、自分の会社を作ったりと多用な経験があります。私がIT界隈で働いた経験を元に、皆様にお役に立てる情報をお届けできればと考えています。

さて、第八回目の記事は、「フリーランスエンジニアのお仕事の見つけ方!」です。

フリーランスエンジニアの皆様はどのようにお仕事を見つけていますか?
お仕事の探し方は大分類すると3つあります。1つめは自分で企業をダイレクトに見つける方法です。2つめはSESを利用して企業を紹介してもらう方法です。3つめはクラウドソーシングを利用する方法です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、このあとじっくり見ていきましょう。

1,自分で企業をダイレクトに見つける方法

これがフリーランスエンジニアとして安定して良い報酬を得る一番良い方法だと思います。

・SNS(FacebookTwitter)を活用する方法

知人にシステム開発をしている人が多い場合は非常に有効な手段になります。自分の技術だけでなくやりたいことなどを情報発信すると、シンプルに知り合いから連絡が入る場合が多いです。キャリアをしっかりと積んでいるエンジニアの場合、この手段をとるケースが見受けられます。

・交流会や勉強会

エンジニア同士の交流会や勉強会などで企業の採用担当の方がきているケースが多々ありますので、積極的に名刺を配りまくりましょう。また、エンジニア同士のつながりも大切にしておくことは重要です。友人のエンジニアが稼働している現場にヘルプで呼ばれるなど、新しい仕事につながるケースは非常に多いです。(※今は本当にどこの現場もエンジニアが不足していますからね。)
さらに交流会や勉強会で出会った人とは積極的にFacebookやTwitterで繋がりましょう。上記で記載したSNSを活用する歩法とコンボでより仕事を獲得しやすくなること間違いなしです。

SEROKUを活用する方法

はい。本記事の掲載元であるSEROKUです。SEROKUはフリーランスエンジニアがスキルを出品できるサービスです。自分が得意とする技術をパッケージ化して商品として提供ができます。例えば、「新規ソーシャルゲームの立ち上げを開発リーダーとして遂行できます!」とか「アプリのWebGL化対応ができます!」とか「Pythonを用いたAI開発ができます!」とか自分の持っているスキルセットをうまく組み合わせることでエンジニアならではの独自商品を開発できるのが面白いところです。
SEROKUでスキルを出品すると企業のエンジニア採用担当者がサイトを見て、掲載しているスキルを基にお仕事の相談をします。ダイレクトに企業と契約することになるので、フリーランスエンジニアのお仕事獲得には良いツールになること間違いなしです。

・ビジネスマッチングサービスを使う方法

yentaなどのビジネス系のマッチングアプリを活用するのも良い方法です。自分に関連あるマッチングした人がレコメンドされます。
また、CoffeeMeetingも良いかもしれません。エンジニア職の人よりはビジネス職の人のほうが良いので、エンジニアにとっては刺激的な出会いになると思います。

 

2,SESを利用して企業を紹介してもらう方法

フリーランスエンジニアとして仕事を始めたばかりの人にはベターな選択肢だと思います。私もSESを使っていましたし、たまに超短期案件であればスケジュールと合えば引き受けたりもしています。
SESはもはや説明不要だとは思いますが、システムエンジニアリングサービスと呼ばれる常駐型で働くフリーランスと常駐してほしい企業をマッチングするサービスです。
SESを実施している会社は案件を複数保有しているので、各社に相談すると自分がやりたい案件を提案してくれる可能性が高いです。単価は、だいたい時給4000円〜6000円の案件が多く若手のエンジニアにとってはSESでも十分魅力的に映ると思います。
また、案件や契約も概ねお任せで済むのも良いですね。面倒な手続きはやりたくない、開発だけに専念したいという人にはピッタリだと思います。(※個人的には、じゃなんでフリーになったの?wって思ってしまいますが。)

 

3,クラウドソーシングで仕事を探す方法

クラウドソーシングとは、在宅で仕事をしたいフリーランスと安く労働力を確保したい企業をマッチングさせるオンラインマッチングサービスです。クラウドワークスランサーズが有名ですね。在宅で仕事ができることは非常に魅力的なので、私も登録していますが、非常に単価が安いため実際に引き受けた仕事は一つもありません。時給1000円〜2000円程度でも良いから何らかの仕事をしたいという人には良いと思います。

 

終わりに

ざっと紹介してきましたが、やはりフリーランスエンジニアとして独立するからには最終的には自分で案件を穫れるエンジニアになりたいですよね!(主観です。)とは言え、スタイルは人ぞれぞれです。自分のスタイルにあった高額でスキルが上がる安定した仕事を是非見つけてください!

 

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

 

るし猫るーしー
profile:大学卒業後、ベンチャーキャピタルで投資を4年、IT企業でソーシャルゲーム開発を4年、人材会社で新規事業開発を1年行なった後、フリーランスとして独立、起業。その後、様々な企業のコンサルティングやゲーム開発を行なっている。美味しいご飯を求めて日夜様々なお店の開拓を行なっている。

SNSでもご購読できます。