フリーランスが辛いと思う瞬間とその乗り越え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残業 男性

今、自由な働き方を求めてフリーランスとして独立するエンジニアが増えています。

フリーランスなら頑張れば頑張っただけ稼げる可能性があり、会社員の時とは比べ物にならないほど自由な働き方ができるのです。しかし、フリーランスはいいことばかりではありません。

 

今回はこれから独立しようとしているエンジニアに向けて、フリーランスが辛いと思う瞬間とその乗り越え方について紹介します。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスが辛いと思う瞬間は?

嫌な顔 男性

①収入が不安定・案件が見つからない

フリーランスで働いている人に「フリーランスでつらいと思った瞬間は?」と聞いて真っ先に出てくるのが「収入が安定しない」という回答であり、これがサラリーマンとフリーランスの最大の違いです。

 

サラリーマンであれば自分の能力がどれほどのものであっても、組織に所属しているうちは、決められた時間に決められた場所に行って決められたことをしているだけで、安定した収入を得ることができ、短期的な成果や結果に左右されることはありません。

 

またサラリーマンであれば、病気や怪我で働けなくなってしまったとしても、有給休暇の期間中であれば収入は補償されていますが、フリーランスであれば働けなくなってしまうとすぐに収入がなくなってしまいます。

 

フリーランスの場合案件は全て自分で見つけてくる必要がありますが、独立してすぐに安定した案件に恵まれる人は極めて稀であり、多くのフリーランスの収入は非常に不安定です。

 

②休みをとりすぎる・休みが取れない

フリーランスになるとサラリーマンのように時間に拘束されることがなくなり、全ての時間を自分でコントロールすることができるようになります。

朝遅くまで寝ていても「早く起きて仕事をしなさい」という人はいないため、いつどれだけ休みを取ろうが本人の自由です。

 

しかしこれは裏を返せば、自分の時間は全て自分できちんとコントロールしなければいけないということです。

サラリーマンのように出社時間が決められているわけではありませんから、しっかりした強い意志がないとすぐにだらしない生活になってしまいます。

 

そしてこれは、全く逆のこともいえるでしょう。

サラリーマンであれば毎月決められた休みがありますが、フリーランスになると決められた休みはありません。

 

仕事に熱中するあまり、そして収入を追い求めるあまり働きすぎてしまうこともあるでしょう。フリーランスは休むにせよ働くにせよ、全てを自分でコントロールしなければいけないのです。

 

③仲間がいないので孤独になりやすくしんどい

サラリーマンであれば会社にいけば相談を受けてくれる上司や同僚がいますが、フリーランスは基本的にいつも一人です。

そのため、ふと気がつけば「しばらく誰とも会話をしていなかった」という状況に陥りやすいのです。

 

職場という環境で同じような仕事をしていると仲間意識も生まれやすいため、多くの大人にとって「会社」というコミュニティは仲間を作る場所も兼ねています。しかしフリーランスは一人で仕事を淡々と続けるだけの生活になるので、気がつけば仲間がいない、孤独でしんどい状況になりがちなのです。

 

④全てを一人でやらなければいけない。

フリーランスは個人事業主なので、営業からお金の管理まで全ての業務を全て一人で担当しなければいけません。

一人で営業して仕事を獲得し売り上げがあれば帳簿をつけ、そこから税金や保険など全てを自分でやらないといけないのです。

 

それだけの仕事を一人でこなすわけですから、本来の業務にかけられる時間は必然的に少なくなり、プライベートの時間が犠牲になることでしょう。

 

いくらエンジニアとしてのスキルが高くても、高収入で自由に働けるとは限りません。フリーランスとして生活するのであれば、満遍なく知識を身につける必要があるのです。

 

フリーランスとして独立して間もない頃は、サラリーマンとして働いていたときにどれほど恵まれていたのか、身に染みて感じるでしょう。

 

フリーランスは辛い!それでも人気な理由とは?

明るい 男性

ここまで紹介したように、フリーランスとはメリットばかりではなく辛いこともたくさんあります。

 

それでもフリーランスという働き方はどんどん人気が出ています。

なぜでしょうか?

 

①嫌な仕事はやらなくて良い

サラリーマンとして組織に所属しているときには、自分のポリシーに反する仕事を請け負わなくてはいけない瞬間があったかもしれません。

 

しかしフリーランスになれば、自分がやりたくない仕事はやらなくても問題ありません。仕事を受けるにせよ断るにせよ自分の意思一つであり、誰に強制されることもありません。

ただし仕事を選ぶ場合、自分の中で妥協点を用意することをおすすめします。

 

②収入の可能性は無限大

2020年現在、日本のエンジニアの昇給率はアジア諸国(日本・中国・香港・マレーシア・シンガポール)の中でも最低となっています。

このようにサラリーマンであればどれだけ頑張っても収入に限りがありますが、フリーランスであれば実力次第でどんどん増える可能性もあります。

 

フリーランスであれば、即戦力としてプロジェクトに加わる形になるため、教育コスト・採用コストを抑えて高い単価で案件を発注することになります。優秀なフリーランスならば、自分で単価を決めることもできるため、会社員時代とくらべて時間にもお金にも余裕が生まれるでしょう。

 

高い収入を得ているフリーランスは実績と経験を認められて、クライアントとの直接契約しています。直接契約の場合売り上げは全て収入となりますが、間にクラウドソーシングやエージェントを挟むと、中抜き・マージンが差し引かれます。

 

初めのうちはエージェントなどを利用して経験を積み、クライアントから案件を直接紹介してもらえるような実績を作ることに専念しましょう。

 

③自由な働き方が可能

web系IT系のエンジニアはPC上で完結する場合が多いため、フリーランスとして独立することで自由な働き方が可能となります。

 

  • 夜型のタイプの人は朝はゆっくり休んで働く
  • 海外で暮らしながら、日本の企業と仕事をする
  • 会社にたまに顔を出してほとんど在宅で仕事をする
  • 1ヶ月働き詰めにして翌月にガッツリ休業する

 

など、自分の生活に合わせて働くことができるのです。

また、完全に社外の人間になるため、面倒な人間関係に巻き込まれるリスクもほとんどありません。

 

フリーランスが辛い瞬間を乗り越えるためには?

フリーランスとして働くと辛い瞬間もたくさんありますがどのように乗り越えて行ったら良いでしょうか?

 

仲間を作る

フリーランスの辛さを乗り切るために、苦しいことや辛い環境を共有できるフリーランスの仲間を作ることも有効です。

同じような境遇にあればこそわかることも多いはずです。

フリーランスは孤独な存在ですが、仲間を作って乗り越えていきましょう。

 

しっかり休む

フリーランスは休めば収入がなくなってしまいますから、休むこと自体がストレスになりがちです。

しかし良い仕事をするためには、しっかりと休むことも大切です。

長期休暇を取ることは難しいかもしれませんが、適度に体を休めるように心がけましょう。

 

目標を作る

フリーランスの辛さを乗り越える上で、「将来こうなりたい!」という目標を持つことはとても大切です。

目標があれば辛い時でも頑張ることができますし、具体的になりたい姿が見えていれば、目標に向かってひた走ることもできます。

 

漠然と仕事をするのではなく、具体的な目標を持ちましょう。

また、収入を上げるという点で第一に目標とするべきポイントがクライアントとの直接契約となります。案件をこなし実績を積み重ねることで、一人の個人事業主としての評判を上げ、企業からの信頼を勝ち取りましょう。

 

クライアントとの直接契約することで、15~20%のマージンがカットされるため、必然的に収入も上がり、プライベートに当てる時間も増えてより自由な働き方が望めるでしょう。

 

フリーランスが企業と直接契約するならSEROKU!

エージェントやクラウドソーシングで案件をこなし実績を積むことは重要な課題ですが、その間は辛い思いをする瞬間も多くなるかと思います。

スキルはあるのに収入が上がらない!と悩む前に、ぜひSEROKUをお試しください。

SEROKUは企業とフリーランスをつなぐ新しい形のマッチングプラットフォームです。

 

SEROKUではフリーランスが自身のスキルセットを出品し、企業側が落札する「ワークチケット制」を採用しています。

 

フリーランス側にかかる費用はマージン・サポート・登録料含め全て無料。これからフリーランスとして独立をお考えの方も、今フリーランスとして生活している方も辛いと感じる前にぜひSEROKUをお試しください。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。