ゲームプログラマーになるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、プログラミングをするのが基本的な仕事です。

そして基本の仕事以外にも多くの人と携わっていたり、時代が変わることでゲームプログラマーの仕事の内容も変わってきているようです。

また同じゲームプログラマーでもやりたいことで、なる方法も少し変わってきています。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

ゲームプログラマーとは? 

ゲームプログラマーは、C言語やC++などの開発言語を使いプログラムを組んでゲームを動かす仕組みを作ります。また、企画の仕事の人が作った作成書を元にしてゲームがその通りに動くようにプログラムを組んでいきます。

 

ゲームプログラマーは、実際に動かすプログラムを打つことだけではなく、他のゲーム開発者がゲーム制作を進められるようにさまざまなツールを作ったり、開発の環境を整えるのも仕事です。

 

これは無駄な作業を無くし、バグを発生しにくくするという役割があります。

ゲーム開発のプログラマーはゲームの仕組みを作っているので、ゲーム機で実際に実現できるかどうかも理解しています。

 

このことから、プロジェクトのゲーム開発メンバーからの要求ができるのかどうかを判断するのも仕事の一つです。また、ゲーム機の本体の性能を上回り、容量が足りないときには、可能な範囲で代替案を出すのもゲームプログラマーの仕事です。

 

バグを発生しにくくしたり、開発メンバーからの要望に応えやすいような応用を組み、他のプログラマーが見ても分かりやすいプログラムにすることが大切で、ゲームそのものの動き方もプログラマーの力量です。

ゲーム開発の企画や進行にも、幅広く携わっていく仕事がゲームプログラマーです。

ゲームプログラマーになるには?

ゲームプログラマーにはなるためには、専門学校や大学などでプログラミングの勉強をすることです。

なぜならば、ゲームプログラマーはプログラムが打てることが必須条件になるからです。

大学は色々ありますが、大学の情報科で学ぶことがゲーム会社への就職には有利です。

 

また、専門学校ならどのようなゲームを作りたいかによって専攻内容が変わってきます。

例えば、テレビゲーム、パソコンゲーム、スマホアプリ、オンラインゲームによっては学ぶことが違ってきます。

 

しかしプログラマーの根幹にあるのは、C言語やC++などの開発言語なので開発言語をしっかり学ぶことがゲームプログラマーになる要素です。

 

そして、ゲームプログラマーになるにはプログラムの基礎的な知識や問題に対する分析力を身につけることも大切です。

また、アルゴリズムを理解して数学や物理、ネットワークやハードウェアなどさまざま知識も必要になります。

必要なスキル

スキル

ゲームプログラマーに最も必要なスキルは、プログラミングスキルです。

開発するゲームの種類によってプログラミングの言語も変わってきます。

 

家庭用のコンシューマーゲームでは、使われる言語はCやC++、C#などC系が多く、スキルとしてはUnityやUnreal Engineなどの知識があると評価も高いようです。

 

PCのブラウザ上でするPCゲームは、使われる言語の幅は広いです。

特に多く使われるのが、C系言語やJava、PHP、Python、Rubyです。

 

スマホゲームはAndroidやiPhoneなどスマホ画面で遊ぶゲームで、ほとんどはネット接続が必要なオンラインゲームです。

 

使われるプログラミング言語は、iOSではSwift、Objective-Cで、AndroidではJava、Kotlinが多く使われ、ゲームエンジンスキルとしてUnity、Cocos2d-xなどの知識が必要な場合があります。

 

また、プログラミング以外のスキルとしては2D、3D問わずアニメーションなどで細かい動作を表現するときには、力学計算が必要な場合もあり、ベクトル演算、三角関数などの数学的知識が必要です。

 

コミュニケーションスキルも必要で、ゲーム開発はチームでするのでチームのメンバーや上司との会話、各部署のクリエイターとのやり取りなどで、コミュニケーション能力は必要です。

 

さらにゲーム業界は社会的な流行から大きく影響を受けることが強いので、アニメや漫画がゲーム化されることもあるので、トレンドの対応できる情報収集スキルも必要となってきます。

ゲームプログラマーの平均年収と将来性や需要

ゲームプログラマーの収入は、基本的には20代は300万円くらいからで、30代は500万円ほどというのが相場です。

 

ゲーム会社の人数でも変わってくるようで、100人未満の会社は平均年収が375万円なのに対して、1000人以上の会社の平均年収は519万円と開きもあります。

男女別で見ると収入は平均で、男性が429万円で女性が378万円です。

 

しかし、収入は管理職になると話しも変わってきます。

ゲームプログラマーは専門性が高く仕事も激務ではあるようですが、しっかり学び身につけなどんどん成長もできるので自由な働きかたもできたり、年収もアップもできる仕事です。

 

ゲームプログラマーの需要は、コンシューマーゲームが衰退していると言われる中でも人手不足から需要はとても多いです。

 

特にスマホのゲーム開発では、開発スパンが短いために次から次にソフトを送り出したいところが多いので、ソーシャルゲームの開発者は需要がかなりあります。

また、将来性についてもスマホゲーム市場の伸びは目を見張るものがあります。

 

開発するチームの大規模化も進み、50人を超えるチームで数年に渡り開発することもあるの将来性もあると言えます。そして、将来的にVRの技術が普及してゲーム業界も変わっていくようなので、将来的にVRの技術を学んでおくと需要の高いゲームプログラマーになれる可能性もあります。

 

また、ゲームプログラマーとしてプログラミング言語に精通しているなら、それを活かしてIT業界やシステム業界でも需要があるようです。

まとめ

ゲームプログラマーの仕事は、プログラミングを打つだけではなく人とのコミュニケーションも大切になってきます。ゲームプログラマーになるためには、大学や専門学校で専門性の高い勉強を学んでいくことが大切であり、スマホの発達でオンラインゲームが流行っているので、ゲームプログラマーの需要も高くなっています。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。