あなたの月収いまいくら?
-フリーランスエンジニア編-

簡単、1分!スキルコンボで高額報酬!トレンドも大切!

かんたん診断 3種の質問

どんなスキルが使える?

JavaやPHPなどのスキルを入力しよう

スキルの経験年数は?

スキルの経験年数を入力しよう

ポジション経験は?

リーダー経験などを入力しよう

無料で月収診断する

直近の月収診断結果

動物アイコン

ウマさんが診断しました。 ベーススキルがC言語で、 スキルボーナスが2種加算され、 429000/月の診断結果が出ました。

6時間前


動物アイコン

ライオンさんが診断しました。 ベーススキルがDjangoで、 スキルボーナスが2種加算され、 335000/月の診断結果が出ました。

7時間前


動物アイコン

ネズミさんが診断しました。 ベーススキルがPythonで、 スキルボーナスが1種加算され、 270000/月の診断結果が出ました。

1日以上前


動物アイコン

ライオンさんが診断しました。 ベーススキルがTensorFlowで、 スキルボーナスが7種加算され、 642500/月の診断結果が出ました。

1日以上前


動物アイコン

サルさんが診断しました。 ベーススキルがUnityで、 スキルボーナスが0種加算され、 325000/月の診断結果が出ました。

1日以上前


動物アイコン

トナカイさんが診断しました。 ベーススキルがLinuxで、 スキルボーナスが2種加算され、 375000/月の診断結果が出ました。

1日以上前


動物アイコン

ライオンさんが診断しました。 ベーススキルがBootstrapで、 スキルボーナスが1種加算され、 275000/月の診断結果が出ました。

1日以上前


動物アイコン

ライオンさんが診断しました。 ベーススキルがC#で、 スキルボーナスが3種加算され、 423000/月の診断結果が出ました。

1日以上前


HAKARERUについて

HAKARERUとは、フリーランスエンジニアの月収をHAKARERU(測れる)サービスです。
これまで正社員の月収を査定するサービスは数多ありましたが、フリーランスエンジニアの月収を測れるサービスはありませんでした。 HAKARERUでは、エンジニアスキルをベースにしつつポジション経験などを加味することでフリーランスエンジニアとしての月収を算出しております。

実際に現場に入った時に使われるであろうスキルセットを元に算出するデータを作っており、 保有するスキルの中から適切に組み合わせることで高い月収を出せるようになっています。現在、フリーランスエンジニアの人も、 これからフリーランスエンジニアになることを検討している人もHAKARERUで自分の月収がいくらになるかを是非試してください。

HAKARERUはフリーランスエンジニアと企業をダイレクトにマッチングするサービス「SEROKU」のデータや 数多の開発経験を持つ株式会社WESEEKのプロジェクト経験を元に作られています。 HAKARERUで月収を査定した結果、自分もフリーランスになりたいと思った方は、 是非「SEROKU」で案件の募集を行ってみてください。

「SEROKU」では自分のスキルセットを商品として提供することができ、自分自身で値段をつけることができる新しいサー ビスです。商品提供の方法もダイレクトに値段をつけて販売するだけでなくオークションを行うこともできます。中間会社 を挟まずにダイレクトに企業と契約ができるのでマージンをとられず、より高い報酬に結びつく可能性が高くなります。フ リーランスは登録・利用料すべて無料!さっそく登録してみましょう!

HAKARERU月収診断を利用してほしい人

現在フリーランスエンジニアの方

現在、フリーランスエンジニアとして活動している方は是非HAKARERUを利用して月収の診断を行ってほしいです。 自分でクライアントを見つけているようなフリーランスエンジニアの方は適切な金額で報酬を得ている人が多いと思いますが、 SESなどのエージェントを利用している方は、マージンなどによって自身の適切な報酬を測れていない可能性が高いです。
マージンを引かれない自身の月収がどの程度なのかということを把握することで、お仕事の獲得方法から見直しを行って、 より良いエンジニアライフを送っていただ来たいと考えています。

フリーランスエンジニアへの転向を考えている方

フリーランスエンジニアとして働いた場合、自身の報酬がどのようになるのかを知ることは極めて大切なことです。 実際に仕事を辞めてから本当に自分が獲得できる報酬を知るのでは遅すぎます。 まだ会社員として働いている今だからこそフリーランスエンジニアとして獲得できる報酬を知っておくと良いです。 なお、HAKARERUでは、企業とフリーランスエンジニアがダイレクトにつながる社会を作ることを目的にサービスを行っています。
SESのようなエージェント機能を果たす会社が間に入った場合の報酬というよりは、 フリーランスエンジニアの方の本当の実力を元にした金額を算出するツールとなっています。実際に企業と契約できた場合には、 自身の交渉力をはじめクライアント企業の懐事情も加味されることもあり、一概にHAKARERUの結果が正しいとは言えませんが、 10年以上の開発経験やSEROKUの運営経験から数字を算出していることもあり、 ひとつの参考指標としては意味がある結果を算出できる内容になっています。

副業をしているエンジニアの方

副業をしているエンジニアの方は比較的低い価格帯でお仕事を引き受けている人が多い状況です。 現在の副業を本業にした場合、一体いくら稼ぐことができるのかということは重要な情報であり、知っておくべき情報です。
HAKARERUを使えば自分のエンジニア経験(どの言語を何年・ポジション経験)を入力するだけで 簡単にフリーランスエンジニアになった場合の月収を診断することができます。 また、算定した金額を元にして現在の副業の報酬を交渉してみても良いかもしれません。 是非HAKARERUを利用してより良いエンジニアライフを送っていただければと思います。

現在、SESエンジニアとして企業に勤めている方

現在、企業に正社員として所属しながらSES契約の元、 外部の企業の管理下で働いている正社員の方には是非HAKARERUで月収の査定を行っていただきたいです。 SESで外部の企業で働いているということは、ほとんどフリーランスエンジニアとして仕事をしていることと変わりありません。 しかしながら、正社員として外部の企業で働く場合とフリーランスエンジニアとして働くことでは、月収に大きな隔たりがあります。
エンジニアとしての経歴が短い場合はなおさらで、同じスキルを保有していたとしても月収に2倍の差が出ることもあります。

現在、正社員のエンジニアとして企業に勤めている方

昨今、エンジニアの需要は高まるばかりで、その傾向は益々高まっています。 フリーランスエンジニアという働き方に興味があってもフリーランスエンジニアになると仕事がないのではないか? 新しい環境でうまくやっていけるかどうか?そのようなことを考えている人は多いのではないでしょうか。 我々は様々なフリーランスエンジニアを見て参りましたが、 まったくそのようなことはありません。これまでのフリーランスエンジニアはどちらかというとアウトローな方が多い状況でした。 しかし、最近は普通のエンジニアがフリーランスとしてデビューすることが多くなり大変活躍をしている現場がほとんどです。
フリーランスの世界に興味があるが未知の世界に足を踏み入れることに二の足を踏んでいる人は、 まずはHAKARERUを試してみることでフリーランスエンジニアの世界の一端に触れてみていただければと思います。 おそらく多くの人には現在の給与よりも高い報酬が表示されることになると思います。 自分のスキルと報酬を見比べることでフリーランスに転じなくとも自身のキャリアを見直す一助になっていただけると幸いです。

無料で月収診断する