R言語案件の単価相場

R言語案件の単価相場は50~80万円前後です。案件の内容としては主にC言語やPythonなどの言語と一緒に募集されていることが多いです。他の言語と比較すると、R言語を習得したいと考えるエンジニアは少ない傾向にあります。しかし、R言語を必要とする案件も少なからず存在しているため、単価相場が高い傾向にあります。理由としては、
・人工知能開発およびデータの分析を行う研究が盛んになっているため
・R言語エンジニアの数が他の言語に比べて少数である
といった事が考えられます。又、Pythonなどの他の言語も同時に扱えるエンジニアのオークションは人気となり、高単価な案件になることが予想されます。

R言語が使われている業界

R言語は大学の統計学実習用に作られたシステムであるため、統計解析向けのプログラミング言語として知られています。他の一般的な言語が開発向けのものが多く、汎用的なのに対して、R言語は統計・解析に特化しているというのが一番の特徴です近年、ソーシャルゲームの増加に伴ってデータ統計・解析などの案件が増えています。その他にも、Webページの解析やビッグデータなどの大規模な解析システムを扱う際に用いられることが多く、統計・解析の分野においては需要が高い傾向にあります。IT系の企業ではソーシャルゲーム、SEO、Webの分析をほとんど行っていることが多いことに加え、IT系だけでなく企業が商品などの利用者データを必要とする際、統計・解析はほとんど必要です。それ以外に、金融工学や時系列分析、データマイニングといった統計・解析能力を必要とする業界において用いられることが多い言語がR言語です。又、データの統計・分析は常に様々な企業から求められているので、R言語を扱うエンジニアを雇うことは大きなメリットとなるでしょう。

R言語のフレームワークについて

R言語の主なフレームワークにはShinyと呼ばれるものがあります。データ統計・解析においてよく用いられるR言語ですが、結果のデータをレポートにまとめるのが面倒な際によく用いられるのがShinyです。Shinyは統計・分析した結果をWebアプリケーション化することにより、サーバーサイドの言語を覚える必要がなくなります。このフレームワークを用いれば、R言語を使う上での様々な面倒が省けるため、使い方を学んでいるエンジニアを雇用すれば、より高度にデータ分析結果をまとめることができ、作業効率が良くなると思います。そのため、R言語を扱うエンジニアを雇うのであれば、こういったフレームワークなどの知識を持っているかを確認することも大切と言えます。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません