Pythonエンジニアの単価相場

Pythonを専門としたエンジニアの単価相場は基本的に月額50万円~90万円以上となっています。実務経験の年数やエンジニアの持つ実績にもよりますが、経験豊富なエンジニアは単価相場が高くなります。2018年現在、Pythonエンジニアの年収は他の言語と比較しても高い傾向にあります。その理由の一部として挙げられるのが、1.Pythonを専門的に取り扱えるエンジニアが比較的少ない。2.機械学習やAI(人工知能)の需要が急激に高まっているなどです。このことから高単価を提示してでもPythonエンジニアを採用したい、という企業が増えています。現在、さまざまな企業から注目を集めているPythonエンジニアですが、需要の高い言語なので、これから単価相場が上昇していくでしょう。

Pythonは何に使われやすい言語か

Pythonはさまざまな分野で用いられますが、特にWebアプリケーション、データ分析、機械学習や人工知能などの開発に使われています。Pythonはソースコードが短く簡潔なコードになっており、開発効率が良くなっていて、読みやすさや書きやすさを兼ね揃えていることからさまざまなジャンルで使用されています。その使いやすさから誰でもメンテナンスができるという利点もあります。今でこそPythonの案件は増えてきていますが、元々日本国内ではPythonを使ったサービスが少なく、認知度が低いプログラミング言語でした。しかし、最近では海外で作られているWebアプリケーションにPythonが使われているサービスが増えており、日本国内でも徐々にPythonを使うことが増えています。更に近年では人工知能・機械学習のブームがあり日本国内でのPythonエンジニアの需要は非常に高くなっています。

Pythonが使用される代表的なプロダクト

PythonはWebの様々なサービスで使用されているほど汎用性が高いプログラミング言語です。世界的に有名なサービスとしてYouTube、Instagram、DropboxなどのWebアプリケーションでPythonは使われています。また、Googleの検索クローラーでもPythonが使われていました。さらに近年注目されているのが人工知能(AI)やビッグデータに関する仕事です。例えば、ソフトバンクのロボット製品でペッパーがありますが、こちらにはPythonが使われています。このようにPythonは機械学習や人工知能工学に優れているのが特徴です。今までロボット工学はC言語で開発されていましたが、Pythonを用いることで、より高度で複雑な開発が可能となりました。

検索結果

1 件がヒット
終了したオークション
Webエンジニア (バックエンドからフロントエンドまで対応可能)

BtoCサービスの開発経験が豊富です。(大規模高トラフィックなソーシャルゲーム、AIを利用したチャットボットetc) もともとはバックエンドがメインでしたが、最近はフロントエンドの案件を...

JavaScript
5年~
PHP
3年
Python
2年
Ruby
2年
Swift
1年

じゅんQさん

未入力
現在

********

即決

********

入札数: 件