Objective-C案件の単価相場

Objective-Cはアップル社のiOSアプリケーションを開発するための言語であり、Mac等でアプリを開発するエンジニアにとっては欠かせない言語でもあります。単価相場は実務経験年数によりますが30万~60万ほどで案件によってはそれ以上の単価が付くことも多々あります。案件にもよりますが、JavaScriptなどの言語に比べてやや低い傾向にあります。しかし近年ではスマートフォンの普及・発達により、アプリケーションの開発案件というのは増加傾向にあります。さらに現在、さまざまな家電がスマートフォンで操作できるように開発されていて、それに伴ってアプリ開発の幅も広がり、アプリケーションを開発するための言語知識を把握しているエンジニアの需要は必然的に高まります。これによりObjective-C案件の単価相場も上昇傾向にあります。アプリケーションの開発においてはエンジニア側がアプリケーションのデザインや、機能性を考えられるかも重要になってきます。

Objective-Cは何に使われる言語か

最近はiOSユーザーも増加傾向にあり、なかでもiPhoneなどの携帯端末においての利用者はかなりの勢いで増え続けています。しかし今は「Swift」と呼ばれる同じくiOSで利用できるプログラミング言語が存在していて、こちらの方が新しい言語になるため、移行しているエンジニアもいます。ですが、Objective-Cに需要が無くなったわけではなく、まだたくさんのエンジニアに使われている言語で、いまだSwiftを利用するエンジニアは多くはありません。Swiftの登場で全く使われなくなったわけではなく、まだまだiOSアプリケーションの開発において需要が高い言語であるのがObjective-Cです。開発言語の人気度を指標化した「TIOBE Index」でも、2017年11月版においてはObjective-Cが19位、Swiftは20位と、僅差ではありますがObject-Cが上位となっています。

Objective-Cはどのような業界で使われるか

Objective-CはC言語をベースにしてSmalltalkを取り入れているオブジェクト指向言語です。Javaなどの言語と違う点は、iOSアプリケーションの開発に特化しているという点です。iOSアプリケーション開発に向けた言語はほかにSwiftが挙げられますが、Objective-CはC言語をベースにしている分、C言語の知識があればObjective-Cにそのまま活かせる為に使用する利点は高いです。現在、さまざまなアプリケーションが数多く開発され、存在します。家電などをスマートフォンとリンクさせ操作ができる機能などの開発以外にも、ゲームの開発にも使われ、アプリケーション開発においては幅広く対応できる言語となっています。これによりObjective-Cはアプリケーション開発を求める業界において需要がかなり高く、使われることが多い言語になります。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません