HTML案件の単価相場

HTMLはWebデザイナーやコーダーにとってはなくてはならない必須知識となっています。学習コストも低く基礎的な分野になるため、HTMLエンジニアとしての単価相場はそう高くはありません。フリーランスの求人案件においても40~50万円ほどとなり、PHPやJavaScriptなど、関連性の強いほかの言語と比べても低い傾向があります。しかし近年ではコーディングにとどまらないプラスアルファの技術を持つ「マークアップエンジニア」が注目されており、単価相場は上昇傾向にあります。現在どのようなサービスの開発においてもHTMLに精通したエンジニアは必要なためそのニーズは高く、その単価を決める際は実務経験に加え、PHPなどのサーバーサイドの言語を使用できるか、JavaScriptを活用し動的な要素も加えられるか、など、付加価値の影響が大きくなっています。Webサイトの制作などを検討する場合は、デザイン能力があり、一から立ち上げることができるかどうか、というところも重要になってきます。基本的なWebサイトであればHTML/CSSが使えるエンジニアがいれば充分とも言えるでしょう。しかし、HTML/CSSコーディングだけでは需要に応えられない場面も見受けられます。そのため付加価値を付けることは重要であり、エンジニアは今後デザインやCSS、アニメーションを極めるか、PHPやJavaScriptなどプログラマスキルを身につけるかという、二つの方向性が示唆されています。一方プログラマは、HTML/CSSに精通することで活躍の場が広がり、付加価値として利用できます。

HTMLはどんな案件に使われる?

HTMLはプログラミング言語ではなく、厳密には「マークアップ言語」となります。Webサイト上の要素をひとつひとつ指定するものになるため、これがしっかりとできていないと、ブラウザによってはサイトが表示されなくなる可能性もあります。Webページ内の要素を装飾するCSSと並んで、サイト制作においては必須のものになるため、世の中のWebサービスのほとんどでHTMLが使用されています。そのため、「Webサイトを必要とするすべての業界」においての案件でHTMLは必要とされるものになります。

HTMLに関連性のある言語は?

Webサイト制作の際には、ページ内のテキストをどんな要素か指定する「HTML」、デザイン面での装飾をする「CSS」が大切です。HTMLのみでもサイトの制作などは可能ですが、見栄えを大切にするものであればまずCSSのスキルは必要になってくるでしょう。コーダーとして迎え入れるのであればこれらのスキルは重要ですし、Webデザイナーとしてであれば制作経験、デザイン能力なども必要となってきます。そのほかにも、関連性の強い言語としてはJavaScript、PHPなどが挙げられるため、ほとんどの求人案件ではこれらの言語を必須スキルとして記載しています。現在ではCSSフレームワーク、特に Bootstrap や Material 系フレームワークが注目されています。CSSはその記述の自由度の高さから、コードに統一性がなくなったり他の制作への転用をしづらかったりしてしまうことも少なくありませんでした。そのような問題点を解決し、豊富なテンプレートをそろえたフレームワーク「Bootstrap」の登場はCSSの利便性を向上させ、また、Googleが2014年に自社のデザインに取り入れたことで注目されたマテリアルデザインに関しても、MaterializeやMUIなど、比較的容易に導入できるCSSフレームが数々発表されており、CSSの注目度はさらに高まっています。

検索結果