CSS案件の単価相場

CSSとは”Cascading Style Sheets カスケーディング・スタイル・シート”と呼ばれるもので、HTMLと組み合わせて使用する言語であり、HTMLと同じくWebデザイナーやコーダーであれば必要不可欠な知識となっています。CSSエンジニアの単価相場はそこまで高くなく、30万~40万ほどになります。PHPやJavaScriptなどの言語だけでなく、HTMLと比べても若干低い傾向があります。さらにこの単価相場というのは、エンジニアの実務経験などに応じて大きく変わります。HTMLはWebサイトの各文書の意味や情報の構造を定義するのに対して、CSSはそれらの情報をどのように装飾するかを指定し、そのWebサイトを見やすくするために使われます。Webサイトの制作をご検討中の場合、HTML/CSSエンジニアはほとんどの場合必要です。

CSSはどんな案件に使われる?

CSSはプログラミング言語でも、マークアップ言語でもなく、「スタイルシート言語」というものになります。ほぼすべてのWebサイトの作成において、HTML/CSSは使われています。HTMLだけでもWebサイトのスタイリングは可能ですが、あまり効率が良くありません。そこで元々タグによるスタイル制御が一般的だったのが、このCSSの登場によりスタイル制御がさらに効率的になりました。しかし、CSSは発表された当時はあまり使われることはありませんでした。2006年にInternet ExplorerからのCSSへのサポートが完全に行われ、数多くのエンジニアがCSSを用いるようになりました。それ以来、CSSの機能をうまく用いたクオリティの高いWebサイトが次々に開発されるようになったのです。さらにCSSはHTMLに対するスタイル制御だけでなく、他のマークアップ言語にも対応している場合があり、もしそのマークアップ言語にCSSが使用できるのであれば、新しくスタイル言語について学ぶ必要もなくなります。CSSは見た目に関すること以外にも、音声に関しても定義されている言語です。そのため、Webサイトの作成を求める業界の案件全てにおいてCSSという言語は使われます。

CSSはどのようなサービスに使われているか

CSSは1996年にW3Cによる発表以降、Webサイトの作成全てにおいて使用されている言語です。そのためWebサイトを作成している業界だけでなく、IT業界であれば必ずと言っていいほど使われている言語です。HTML/CSSはWebサイトの作成には必要なものだと言われているほどの言語なので、今や基礎的な知識と言えるでしょう。そしてWebサイトの作成だけでなくHTML含めJavaScriptなどの他の言語と組み合わせてアプリの作成・カスタマイズにも使われます。CSSの自由度の高さを活かせれば、Webに関する項目ほぼすべてにおいて活躍できるものとなっています。現在IT業界にてCSSが使われないということはほぼないと言っていいでしょう。このように幅広く使用されている言語がCSSになります。

検索結果