Spring Bootの活用事例について

Spring Bootによる主な開発事例にはLINE Notifyがあります。LINEは、Spring Bootを採用した理由として、XMLを書かなくて良いことや、起動の速さ、uber jarで手軽にdeployできることを挙げています。アプリケーションの開発を始めやすい点もLINEから評価されているので、高い開発実績を持つフレームワークといえるでしょう。また、Spring BootにはデフォルトのサーブレットコンテナとしてTomcatが設定されています。ただ、LINE Notifyの開発ではサーブレットコンテナにJettyを採用しており、理由としてコードが読みやすいことや起動が速いことを挙げています。Spring Bootによる開発でどのサーブレットコンテナが使いやすいかは、開発する人やプロダクトによって変わるでしょう。そのため、開発環境に応じて使用するサーブレットコンテナを変更するといいでしょう。

Spring Bootが持つ特徴について

Spring Bootが持つ特徴としてまず挙げられるのは、デフォルトでさまざまな設定がされていることでしょう。それに加え、自身でカスタマイズをすることができる点も大きな特徴といえます。例えば、何かしらのツールを使用したい場合、デフォルトの設定を変更すれば、使用できるようになります。開発するものや開発状況に応じてカスタマイズができることは、作業効率を大きく上げてくれるでしょう。さらに、作成したアプリケーションを簡単に起動することができることもSpring Bootが持つ特徴のひとつです。クラスパスの指定が必要なく、単一であるJarファイルでアプリケーションを起動できるので、テストを行うときの時間短縮に繋がります。Spring Bootによる開発経験を持つエンジニアを雇えば、必ず開発作業の効率化に貢献してくれると思うので、開発するプロダクトに応じて一度検討してみるといいでしょう。

Spring Bootの得意範囲について

Spring Bootは、View層、DataAccess層、Controller層、Service層などの設計から実装までを担うことができます。それ以外にも、非同期メッセージングやクラウド対応といった機能を利用することもできるため、フルスタックで開発を進めることができるでしょう。Springをうまく利用できない場合などに便利なので、開発工数を確実に減らしたい場合には、Spring Bootの知識を持ったエンジニアを雇用するといいでしょう。

検索結果

1 件がヒット
終了したオークション

Javaの開発経験あり。

JavaでWebアプリケーションの開発経験があります。

Java
5年~
Spring Boot
3年
Wicket
半年
PostgreSQL
5年~

セイヤ

未入力

現在

********

即決 ******** 円

入札数: 件