Springの活用事例について

Springを活用した事例には、金融機関の主要部分となるデータベースシステム、製造業の生産管理生産管理システムや株を取引するためのオンライントレードシステムなどの大規模なものがあります。Javaの案件では大規模なプロジェクトが比較的多いことから、Springが用いられるケースは多いでしょう。エンジニアは、Strutsなどのフレームワークでも挙げられる開発の効率化や、ほかのJavaフレームワークを使用した経験がある場合、Springとの連携が取れるため、知識をそのまま活かすことができるなどの活用理由を述べています。また、ビジネス・レイヤーからロールバックなどのトランザクション・コードを除くことができ、コードが見やすくなるために、プログラムの修正がしやすいといった意見も挙がっています。

Springが持つ特徴について

Springが持つ最大の特徴はDIコンテナとAOPフレームワークによる開発環境を提供してくれることでしょう。それ以外にも、拡張性の高さを持つこと、オープンソースで公開されているフレームワークであることから、現在でも改善が進められていることが特徴として挙げられます。Springは規模が大きいフレームワークになるため、仕組みを全て理解することが困難とされています。ただ、仕組みを理解したエンジニアであれば、Springが持つ拡張性を存分に発揮させることができるので、その点はメリットと言えるでしょう。Springスキルを持ったエンジニアを探す場合は、こういったフレームワークに関する知識だけでなく、Java案件の実績や経験を積んでいるエンジニアを雇うと求めている開発にしっかりと対応をしてくれるでしょう。

Springの得意領域について

Springには、ControllerやRequestMappingなどの必須であるアノテーションやDIコンテナが含まれています。Springの知識を持ったエンジニアには、既存システムの機能追加やカスタマイズなどを担当してもらえます。DIを利用することで、さまざまなテストコードもすぐに記述できます。そのため、プロジェクトにてテストの回数が多いと予想されるのであれば、さらに作業効率が上がるでしょう。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません