Laravelの活用事例について

Laravelを使用している主なサービスはciatrです。ciatrは利用者600万人を誇るスマートフォン向けの映画配信サービスで、もともとCakePHPを用いて動作させていました。しかし、扱うエンジニアがいなくなってしまい、その間も利用者は急激に増加していたので、その後のスレール拡大を考えてLaravelを一から学んでシステムを全て移行します。ですが、大きくなって複雑化したシステムの移行は難しいと考え、管理画面などのプロジェクトから徐々に導入を始め、Laravelを学んで移行に成功しました。ほかにも、小さなプロダクトを含めればさまざまなものがLaravelを導入して作られています。

Laravelが持つ特徴について

Laravelでは、本来ログイン処理や会員登録のシステムを構築しないといけない画面の実装などが自動生成できるので初めて使う場合でも、ここまではすぐに対応することができるでしょう。そのため、初心者でも取り組みやすく、コードも読みやすく書けるため、学習コストも抑えることができます。また、利用者が多いのでドキュメントも多数存在し、情報量が他のフレームワークより多く、開発を行う上で行き詰まりが合った場合でも、すぐに情報が仕入れられるのも大きな特徴でしょう。ただし、処理速度が若干CakePHPなどの他のPHPフレームワークに比べて遅いのが欠点です。

Laravelの得意領域について

Laravelには、ログイン処理やルーティング処理などの汎用システムがフレームワークの中に含まれます。ログイン処理を例に挙げると、PHPで一から実装する場合は、リクエストを送ったあとに行われるログイン認証などの中間処理を記述しなければいけません。ルーティング処理に関しては、GETリクエストやPOSTリクエストなどのメソッドを使用して実装されます。さらに、クロージャによるルーティングやコントローラまでのルーティングもLaravelで簡単に実装することができます。Laravelを用いれば、汎用的なコーディングを省略して開発を進められるでしょう。そのため、Laravelを用いた開発では、これら汎用的なシステムの設計をすることなくサーバーサイドで動作する機能の設計から実装を行えます。また、Laractive Adminを用いれば、WebサイトやWebアプリケーションなどの管理画面を簡単に作成することができるでしょう。

検索結果

1 件がヒット
オークション

JS,Vue.js,PHP,Laravelが得意です。

Webシステムの開発が得意です。 過去に勤怠システム(フロントエンド担当、JS,Vue.js)、生産管理システム(要件定義~フロントエンド、バ...

JavaScript
3年
Vue.js
3年
PHP
1年
Laravel
1年
ReactNative
半年

ヒロキ

未入力

現在

********

即決 ******** 円

入札数: 件