Flaskの活用事例について

Flaskでは主にWebアプリケーションが開発されています。例えば、画像判定AIなどのモデルを作成し、Webアプリケーション化したい場合にFlaskが用いられる傾向があるでしょう。ほかにも、LINEから提供しているMessaging APIとFlaskを使って、自動返信を行えるBotを作成することができます。Flaskは学習に時間がかからないといわれているフレームワークで、小さい規模のフレームワークとなります。大規模なプロダクトには向いていないものの、LINE Botのように小規模なプロダクトであれば、Flaskで充分に開発できます。また、あとから拡張していく方法もあるので、場合によっては機能拡張を行う必要があるかもしれません。Massaging APIには送られてきたメッセージをサーバーに送信する機能があり、ここから送信されたメッセージをFlaskによって作成したサーバーで受け取るように設定できます。

Flaskが持つ特徴について

FlaskはArmin Ronacher氏が冗談のつもりで開発しましたが、エンジニア達の間で話題となり、いつしか有名なPythonフレームワークのひとつとなっていました。このフレームワークが持つ一番大きな特徴として挙げられるのが、DjangoなどのPythonフレームワークと比較して、軽量な分さまざまな機能を持たないことです。主に、データベース抽象化レイヤーやフォーム値の検証などの機能を持たないことで知られています。その代わり、少ない行数でWebアプリケーションを作成することができるため、手軽さがあり、機能も抑えられているとはいえ、後に追加することも可能なので、そこまで心配する必要はありません。メンテナンスも簡単に行うことができますが、機能を多数追加している場合、ドキュメントを残しておかないと、メンテナンスをするべき箇所が分からなくなる可能性があるので、注意しましょう。

Flaskの得意範囲について

Flaskを用いれば、ソースコードとテンプレートファイルでWebサイトやWebアプリケーションを作ることができます。簡単なWebサイトであれば、Flaskで簡潔にルーティングを記述することができるでしょう。デコレータに従えば、ユーザーのアクションに対して、簡単にルーティングを記述することができます。一覧としての性能は低いですが、規模の小さいWebサイトであればわかりやすいので、Flaskが持つひとつのメリットといえるでしょう。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません