Expressの活用事例について

Expressは、主にWebサービスやアプリケーションのサーバーサイド開発に用いられています。近年、話題となっているAbemaTVを立ち上げ、運営している会社でもExpressを採用して開発を行っています。採用する動機として挙げられるのは、サーバーでJavaScriptを動作させるための環境を開発できるnode.jsのよく使うモジュールを簡潔にまとめてあるためです。node.jsでは、一から開発を進めることが困難とされることが多く、開発に用いるモジュールを早急に決定するためにはExpressのようなフレームワークは必要でしょう。短期間で開発を完了させたいのであれば、Expressの知識を持ったエンジニアを雇うと効果的でしょう。Expressは大手企業での採用実績もあるので、安心して開発を進められます。

Expressが持つ特徴について

ExpressではREST APIの開発を行う際に効率が大きく向上するとされています。WebサービスにおいてREST APIを提供する場合、URIを分析してリクエスト内容を識別しなければいけません。URIを解析するためのコードは少し複雑化しやすい傾向にありますが、Expressを用いたコーディングではシンプルに記述することができます。また、軽量なフレームワークとして知られるExpressは、ほかのnode.jsフレームワークのなかで最小限とされています。さらに、モジュールを後から追加することも可能なので、開発の際の状況に応じて導入することができるのも特徴のひとつです。情報量も多いため、開発に行き詰まったときでも対応しやすいフレームワークといえるでしょう。基礎であるJavaScriptの知識も必要となり、サーバーサイドの実装に使われますが、フロントエンドエンジニアとしての経歴があれば、言語の知識はそのまま活かすことができるのも大きな特徴です。ただ、Expressを必要とする開発でエンジニアを雇うなら、JavaScriptによる開発経験の有無を大前提として案件を出さなければなりません。

Expressの得意範囲について

Expressを用いれば、GETリクエストやPOSTリクエストなどのルーティングからミドルウェアといった一般的なサーバーサイドの実装が簡単に行なえます。また、Expressではさまざまな認証機能に対応できるため、SNSアカウントなどの認証処理を簡潔に実装することができるでしょう。サーバーサイドでの処理をできるだけ簡潔に記述するのであれば、Expressの知識を持ったエンジニアを雇うといいでしょう。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません