Bootstrapの活用事例について

Bootstrapは多くのWebサイト制作において使われているCSSフレームワークです。例えば、フォトクリエイティブなどを行うマネジメントオフィスのサイト「whiteSTOUT」では、大きな画像をトップにしたデザインをBootstrapで実装しています。SEROKUでも、Bootstrapを使っており、SEROKUだけでなく多くの企業がWebサイトを作る上でBootstrapを利用しています。スクロールに合わせてアニメーションするスマートフォンでクレジット決済が行えるサイト「Coiney」でも採用されています。アニメーションの実装も簡単に行えるので、Bootstrapはたくさんの会社から信頼され、用いられています。Webサイトをきれいに作りたいと思うのであれば、Bootstrap知識を持ったエンジニアを雇うといいでしょう。

Bootstrapが持つ特徴について

2011年にTwitter社が開発を行い、リリースされて以降、長く愛されてきたBootstrapには、さまざまな特徴があります。まず、デザイナーがいなくても簡単に高クオリティのWebデザインを行えることが挙げられます。インターネット上にもテンプレートが豊富に揃えられており、これらを用いればより短時間で見栄えのいいWebサイトを作成することができるので、デザイナーの知識を必要としません。それ以外にも、ボタンなどのパーツが前もって用意されているので、わざわざレイアウトを組む必要がないこともBootstrapの大きな特徴といえるでしょう。さらに、解像度をそれぞれ定義してあるので、特定の実装をしなくても、さまざまなデバイスである程度のレスポンシブデザインであれば対応することができます。最近では、スマートフォンなどの端末が増えているので、レスポンシブデザインに対応しやすいのはとても大きなメリットといえます。

Bootstrapの得意範囲について

Bootstrapを用いれば、HTMLの見た目をより美しく見せることが可能です。これまでは、jQueryといった部分ごとでUIを実装していくフレームワークだけでした。Bootstrapは全てのフロントエンドをテンプレートで簡単に実装できるので、とても便利です。ただ、フロントエンドの部分だけを実装するフレームワークなので、HTMLの見栄えをよくしたい場合のみ、利用することができます。もし、Webサイト制作プロジェクトにおいて、Bootstrapを採用するのであれば、Bootstrapの知識を持ったフロントエンドエンジニアを雇用するといいでしょう。

検索結果

0 件がヒット
該当するスキルの出品がありません