AngularJSの活用事例について

AngularJSは、主にシステム開発やWebアプリケーション、スマートフォン向けアプリケーションの開発に使われています。AngularJSが選ばれる理由としては、Web開発において最も生産性の向上を見込めるといったことが挙げられます。開発の現場においては、主にWebサイトの管理画面や利用者のマイページなどを作成する際に使われている傾向があるでしょう。さらに、ハイブリッドアプリケーションにおいては、AngularJSを実際に使用しているプロダクトも存在しているので、そういった開発の際に用いるのも選択肢のひとつと言えます。Googleでも使用されているフレームワークですので、信頼性も圧倒的に高いフレームワークです。

AngularJSが持つ特徴について

AngularJSにはHTMLテンプレート機能が備わっており、HTML拡張言語が埋め込まれているので、動的なWebページが作りやすいように設計されています。ページ数が少ないWebアプリケーションの開発では、HTML/CSSをJavaScriptで動作させる必要があり、開発が複雑化してしまう傾向があります。そういった際は、AngularJSが持つ双方向データバインディングによって、HTML/CSSで反映した部分をJavaScriptに同期するため、開発工数の削減をすることができます。また、Springでも取り入れられているDIの概念を用いて設計されており、オブジェクトに対する情報を外部で設定することができるのもAngularJSが持つ大きな特徴のひとつです。それに加え、AngularJSのモジュールである「ngNewRouter」を用いれば、ルーティング定義を行うこともできます。ただ、多少のクセがあるのが難点ですが、日本語翻訳ドキュメントがあるので、開発に行き詰まったときにチュートリアルを見て対処することもできるでしょう。AngularJSを使うプロジェクトを進めるのであれば、AngularJSを使えるエンジニアを雇うことでスムーズな作業を期待することができます。

AngularJSの得意範囲について

AngularJSにはHTMLのテンプレート機能、双方向データバインディング、DIでモジュール管理、ルーティング、Ajax通信といった機能が揃っています。フルスタックフレームワークなので、HTMLの表示に関する設計や実装はもちろん、ルーティング定義などのWebサイト開発には必須な作業は全てAngularJSで行うことができます。Webサイトなどの表示やシステムを設計・開発したい場合はAngularJSの知識を持ったエンジニアを雇用するといいでしょう。

検索結果

1 件がヒット
終了したオークション
大分市内または別府市内で就業可能(開始価格 ¥500,000- の出血...

Java系のウェブアプリケーション開発に携わってきました。 Ruby on Rails や、React, Angular 等も勉強中です。 Grails も経験アリです。 よろしくお願いします。

Java
5年~
JavaScript
3年
HTML
5年~
Angular
独学
AngularJS
独学

イッセイストさん

未入力
現在

********

即決

********

入札数: 件